2012/06/01

オーストリア遠征 後編

いよいよ最後のパートです。ひょっとしたら、後日にこぼれ話なども載せるかもしれません。

11日目
急な撮影地変更で、In[Focus]が来れるかどうかわからないままドイツ滞在2日目へ。撮影以外の予定は無いし、街からもかなり離れているし、宿から3〜400mでバイクパークだし、とうことで、朝10時からライド開始。ちょっと雲行きの怪しい空模様でしたが、やっぱり駐車場には彼らの姿は無く、とりあえず1本目へ。さくっと流してみると、まっ黄色のVWバンを発見。でかでかとIn[Focus]のステッカーがあり、少し待っているとリフト乗り場から彼らが登場。チーメメンバー5人いるうちの3兄弟の2人が来てくれました。彼らも始めて訪れると言う事もあって、まずは下見、2本目から撮影という段取り。トニが撮影、弟のマイケルと僕が一緒に走りました。規模の小さいパークなので、ほぼ全てのセクションで撮影を行い、ちょうど小雨が降ってきたところで終了。計4時間程の撮影でした。彼らもこの夏にウィスラー行くと言うことで、「じゃあ、向こうでまた走って撮影しようね」と約束。旅が次々と新しい展開を産んで、どんどん世界が広がりつつ小さくなっていくいく、これだから旅はやめられません。ムービーが完成したらこのブログで発表しますのでお楽しみに!

赤帽子がトニ、黒がマイケル 

ドイツやオーストリアの宿(ゲストハウス)は、昔に3世代が住んでいた大きな家を改造しているところが多く、中にはこういう牛舎がある所もある 。


12日目
この日はオーストリアへと戻る日。既に午後発の電車を予約していましたが、中途半端な時間だったので、朝一のバスでなるべく早く戻れるように計画。駅に着き、窓口で電車の変更を求めるも、人間の席はあっても自転車の分が満席で、結局、当初に予約した午後3時過ぎの電車に乗ることに。この時点で朝の7時半。マックに行って写真を編集したりして時間をつぶすも、Wi-Fiは繋がらないし、荷物もあるので駅前を少し歩いたけど探索する気にもなれず、結局駅のベンチで終始過ごしました。その間は現地のMTB雑誌を見当をつけながら読んでいました。朝に見送った学生達が、ちょうど学校から帰ってきた頃にようやく乗車。この旅始めての、何もしない時間でした。ちょっともったいなかったかな。フィラッハに戻ったのは午後7時過ぎ。パンプトラックに行って整備を手伝ってきましたが、土砂降りで程なくして終了。やたら長く感じた1日でした。

傷もドイツ、スロベニア、オーストリア、カナダ、日本と多国籍。
どれも擦り傷なのでご心配なく。良い旅の思いで&土産です

13日目
いよいよ自由に使える時間があるのもこの日が最後となりました。午前中は、8日目にトムと走ったXCループをカティとライド。前日の雨でと〜っても滑りやすかったですが、とても楽しめました。昼前に戻ってきたので、バイクをパックして、夕方から地元のファーマーズマーケットへ。夏の間は毎週木曜に行われると言うことで、まだ初夏のため人の入りは少ない方だったらしいですが、それでも大盛況。ちょっとしたオクトーバーフェストみたいな感じでした。地元グルメを堪能し、夜はStrength in Numbersのオンラインプレミアを鑑賞。ヨーロッパは午後9時からと、なんとも良心的な時間設定で、リプレイもしっかり楽しみました。6月上旬にDVDがVisualize Imageより発売されますので、是非チェックしてください。今夜はあとは寝るだけ。なんだか寂しいなあ。

14日目
早朝にマイケルにピックアップしてもらい、クラーゲンフルトの空港へ。そこから国内線でウィーンで乗り継ぎ成田へ。朝8時頃に着いた成田は、日本にしてはかなりからっとした天気で、ちょっと驚きました。それでも、昨日まで居た地よりは蒸し蒸ししていましたが。

ファーストクラスラウンジにて。ここでもプレミア鑑賞してました。 

日本の金沢あたり

こんな感じで、3ヶ月くらい滞在していたようにも思えるし、あっという間だったとも思える14日間の旅は終了。それだけ、毎日新しいことが連続していて、充実した旅だったと言うことだと思います。そもそもの発端がウィスラーだった訳ですが、この旅の中でも何人かはこの夏にウィスラーで再会することになります。もちろん、他の新しく出来た友達にもまた地球上のどこかで再会できることを願っています。旅は麻薬のように中毒になると僕は思うんです。旅先で素晴らしい人たちと景色に出会い、なんとかして再会を実現させようとする、そしてその出会いの中で新たな展開が産まれる。一度旅に出ると、もう戻れなくなる気がしてなりません。来月初旬から9月末までカナダへ行きます。ここでもどんな展開が待ち受けているのか?今からとてもワクワクしています。

2 件のコメント:

  1. jinya san

    thankyou very much for the posting great pics
    these are really cool and nice

    i hope your trip gonna be great things

    catch you later

    返信削除
  2. Hi Mr. or Mrs Anonymous.

    Thanks for commenting on my article. I'm not sure if a translating tool would do the job for my words but hope you enjoyed it.

    Please check it sometime for more photos and videos. Cheers,

    p.s. Mind if I ask your name?

    返信削除