2012/05/29

new goodies

Intertec様より2012年のマキシスカタログが、Visualize Image様よりDang Shadesの新色サングラスが届きました。



カタログは製品およびそれらに使われているテクノロジーに至るまでかなり細かく紹介されています。グラフィックも多用していて読んでいて楽しくなる内容です。僕も紹介して頂いているので是非店頭でチェックしてみてください!

サングラスは新色のFrosted clear x Green(左)が届きました。ライディングから日常生活まで、これから日差しの強くなる季節には必需品です。カラーバリエーションも豊富で、きっと好きな組み合わせが見つかるはず!

2012/05/27

オーストリア遠征 中盤

さて、すっかり帰国してからの更新となってしまいました。人間、バイクとも無事です。では、振り返っていきましょう。

6日目
マイケルとトーマスと供にフィラッハのDHトレイルへ。壮大な山の景色に圧倒される。日本にだって山はいっぱいあるのに、どこか違って見えるのは何故なんだろう?山頂周辺は雪が残る。斜面は急で、根っこや岩場のオンパレードでとにかくテクニカル。シングルトラック好きの自分としてはたまらない。1本目は下見もかねて手ぶらでライド、2本目は撮影をじっくり行いました。麓のレストランで軽食をとり、その後はパンプトラックへ。ここがとにかく大きかった!






7日目
この日はトーマスにスロベニアのマリボーへと連れて行ってもらいました。フィラッハより車で3時間程で着いてしまいます。国境を越えるも陸移動なので何もせずに入国できます。ここがアメリカ、カナダとの違いかな。ゴンドラでの搬送で、トレイルは全部で4本。シングルトラック、ラダーからジャンプとバームの続くラインと、バリエーション豊かでした。今年始めてのパークライドで目がなかなか着いていきません。身体も思うように動かせないのがもどかしいですが、ちゃんとワールドカップの行われたコースも走ってきましたよ。途中のドロップパークはとにかく巨大で、まだまだ眺めるだけのサイズでした。6m×10mほど。全てのコースを走り、オーストリアに戻った後はトーマスの家でパンプトラック&BBQセッション。







8日目
午前中はトーマス家裏から始まるトレイルでXCライド。撮影も行いました。上りは緩やかな舗装とジープロード、下りはクネクネシングルトラック。1時間半程のループは何とも気持ちのよい、うまくまとまったトレイルでした。午後はイタリア経由でスロベニアに入国し、クランスカ·ゴーラという場所にあるパークでライド。帰りはイタリアでピザを食べ、オーストリアへと戻りました。







9日目
トーマスとフィラッハでXCライド。約6時間、40kmの道のりでしたが、上りも下りも傾斜が緩やかなのでいつまでも乗っていられそうなくらい、身体の負担は低かったです。下りも気持ちのよいリズムのトレイルがいくつもあって楽しめました。フィラッハ内をぐるっと回った形になります。

10日目
この日はドイツへ。本来ならばレオガングに行く予定でしたが、雪でパークが閉まってしまい、急遽行き先変更となりました。ミュンヘンにやや近いローゼンハイムという町にある小さなバイクパークです。トレイルは1本だけ。そこに枝分かれするように2、3本の短いトレイルが部分部分で存在する程度でしたが、一通りのスタントがあり、レイアウトがなされているので飽きは来にくかったです。一緒に走ったのはトーマスの彼女とその妹の姉妹。



さて、11日目はドイツのIn[Focus]とのムービー撮影を控えています。後編をお楽しみに!

2012/05/23

オーストリア遠征 前半

ようやく1人で過ごす時間が出来たので、少しアップしようと思います。ちなみに今はドイツにいます。

1日目
成田から12時間のフライトを経てウィーンで乗り継ぎ、国内線に40分乗りクラーゲンフルトへ到着。一緒に同行してくれたマイケルのピックアップでフィラッハを目指すも、外は大雨。翌日からインスブルックへ行くので、天気の心配はあまり無し。荷物を置いて、マイケルと供にトーマスへ会いに。そこで彼が作ったパンプトラックとジャンプラインを見せてもらいました。試しに走ったけど、なかなか難しく、若干の上りもある為、良い運動になりました。夜はそのままそこでBBQをして、その後はマイケルの家で一泊。


しっかり補強して帰国に備えないと... 

 フィラッハの町並み

 大きな木の下でBBQ

地ビールと供に


2日目
早起きして電車でインスブルックへ。昨日BBQしたマイケル、トーマスとカティはスロベニアのバイクパークへと走りに行きました。絵はがきのような景色を眺める事4時間半、インスブルックに到着。最初にウィスラーに行った時に知り合ったドイツ人のリアのフラットに泊めてもらえることに。着いて軽めのランチを食べた後、スーパーでビール瓶20本入り1ケース(全部で10L)を購入。聞くとインスブルック大学の学生が開くビールオリンピックがあるそうで、リアも友達と出るとのこと。ルールは大学沿いの川を二人一組で3kmほど歩き(走り)ながら20本全てを飲みきるというもの。僕は丁寧にお断りして応援係に。かなり過酷そうなイベントでしたが、さすが世界ビール消費量2位のオーストリアだけあって、出場した10ペア全員が無事(?)ゴール。優勝はリアと友達のリア(同名)でした。二人の名誉の為、詳細は割愛します...


 のどかな牧草風景が続く


時刻表は予めパンフレットになっています

電源が取れるのはありがたいけど、結局景色に釘付けでした 

優勝おめでとう


3日目
あれだけビールを飲んだのに、朝起きると皆ケロッとしていることにただただ驚くばかり。この日はインスブルックの街を案内してもらいました。どの建物を見ても、しっかりとした造りで、前ではなく上ばかりを見てしまいます。市内観光が終った後は、他の友達と合流して山の中腹にあるレストランへ。バスで途中まで上り、そこからさらに歩いて30分。閉店日でした。綺麗な景色を腹一杯眺めて、下山。夜はリアの誕生日ということで皆でポットラックパーティー(持ち寄り式の食事会)。学生の時に留学生寮で過ごした楽しい時間を思い出しました。




 ボルダリングのオーストリア選手権会場





4日目
この日は午後一でインスブルックに住むスローモーション(Slowmotion)というMTBグループと撮影へ。先のマイケルとトーマスもチームメンバーです。2本のトレイルに案内してもらい(僕は徒歩)、無事撮影は終了。ライド後にはMSレーシングのマネージャーに会い、少し話が出来ました。聞くと週末にレオガングのバイクパークでブルックマクドナルドらと新しいラピエールのチームバイクをテストするとの事。果てさて、うまく予定が合うかなあ?






5日目
朝にインスブルックを発ち、フィラッハへ。道中は激しい雪が降り、レオガングも真っ白になっていました。数日後にはIn[Focus]とレオガングで撮影を予定しているので、コンディションが回復するかどうかが心配。フィラッハではなんとか雨に降られる事無く、マイケルと軽めのXCライド/撮影をしてきました。

 5月半ばだってのに...

ナポレオン時代の砲弾が埋まった壁 

 フィラッハの街


ピーター(MTB乗り)も二輪で登場

前半はここまで。中盤と後半のもう2つに分けようと思っています。

ところで、今期は6月初旬から9月下旬までカナダに滞在します。


2012/05/15

インスブルックにて

おかげさまで寝る以外は充実した時間を過ごせています。出来事が多すぎて、なかなかブログがアップできませんでした。このエントリーも簡単に済ませ、帰国後じっくりと書けたらと思います。

今滞在しているのは過去にオリンピックが行われたインスブルックという街。景色がとても綺麗です。明日の朝にフィラッハに戻るのですが、今日は都合良くローカルのMTBチームと撮影に行ける事になりました。最初の予定には無かったので、インスブルックには自転車を持たずに観光で来たのですが、撮影機材は持ってきておいて正解でした。どんなトレイルなのか、今からとても楽しみです。


インスブルックへ向かう道中にて。数日後に訪れる予定のレオガングバイクパーク 

絵に描いたような、山間の町並み

2012/05/13

無事到着

オーストリアのフィラッハに無事到着しました。初日から色んなモノや話に触れることができ、早くもとっても充実した時間が過ごせそうです。写真も撮っているのですが、編集が追いついていないので、明日のインスブルックへ行く道中で編集できたらと思っています。とりあえず、手短に。楽しんでいます。


2012/05/10

オーストリア

オーストリアです、南半球のオーストラリアではありません。今週土曜から2週間の短めなトリップに行ってきます。滞在地はフィラッハ、インスブルック、レオガングです。

レオガングは、WCも開催されていてご存知の方もいるかと思いますが、ドイツに拠点を構え、ヨーロッパや北米で活躍するフィルマー/ライダークルーのInFocusとの撮影を予定しています。たいそうな言い回しですが、僕も彼らもクロマグファミリーの一員で、レオガングで走りたいんだけど、一緒に作品作れないかなと声をかけたところ、じゃあやろうという運びになった訳です。どんな展開になるのか、今からとても楽しみですね。


現地からも極力アップをしていきたいです。写真もたくさん撮ってきますのでお楽しみに!

2012/05/06

ゴールデンウィークは... *写真追加

ありがちなタイトルですね。これでもかという程雨が振り、そして今も降っているので、今日は最終日ですがもう終わったものとして振り返りたいと思います。

GWスタートは初めて走る場所でした。若干ムシムシするものの、気持ちいい天気の中、上って下ってを2回繰り返してきました。沢沿いを上ったのですが、青々とした木々がとても綺麗でした。2本目に下ったトレイルは道幅が狭めでクネクネと曲がっていて、時折絶対に落ちられないトラバースがあり、緊張感と楽しさを交互に感じながらのライドとなりました。



その翌日は河原のジャンプスポットへ。3年ぶり(それ以上?)のBMXで、ヨタヨタと走ってきました。難しいけど、たまに乗るといかにMTBは機材に頼れる乗り物かという事が分かります。誤摩化しの効かないBMXが上手い人が本当に自転車の上手い人なんだとつくづく感じました。

ほいさん

その後は雨が続いてモヤモヤとしていましたが、最後にとびっきりの好天に恵まれ、少し遠出をしてきました。この湿度の低さ、ウィスラーを思い出します。以前も行った事のあるこのトレイル、たいしてトレイルの数を知っているわけではないですが、少なくとも日本ではここが一番好きです。約20分続く天然バーム、終いには飽きてくる程でした。まだ落ち葉が積もっていて、さくさくフカフカのマジックトラクション。ゴープロで動画を撮ってもらったので久々の編集も、これまた楽しかったです。



ライドでご一緒したKozo氏より、写真を頂きました。どうもありがとうございます!



 岩の上を走るはずが、ディレイラーグラインドになってしまった図

エアターンで朽ち木をキック