2012/04/11

セルフポートレイトの道

セルフポートレイト、つまり自画像の事です。自分で自分の写真を撮る、これがただのポーズだけなら簡単なのですが、自転車に乗っている姿を撮るとなると話は違ってきます。


そもそものいきさつはとても単純で、自分の写っている写真が欲しい、それだけでした。正直言って、誰かが代わりにシャッターボタンを押してくれたらそれで全て解決するのですが、そういう機会は滅多にないもの。だったら自分で自分自身の写真が撮れば良いじゃないかという結論に至りました。


と言って始めてみたものの、なかなかうまく撮れません。まず、被写体にピントがなかなか合わないんです。予めある一点にピントを合わせておき、その場所でアクションを行うように設定するのですが、カメラは三脚に固定されて放置されているので、特に暗い森の中で動く被写体の場合はどうしてもブレてしまう。上の写真2枚は開けている場所なのであまり問題はありませんでしたが、それでも明るい単焦点レンズを使っても限界があり、カメラも残念ながら高ISOには強くない。となると残された方法はフラッシュで光を当てて動きを止めることです。


というわけで今回はフラッシュを2つ導入しました。これで全て解決、となれば良いのですが、フラッシュを使った撮影は初めてなので、しっかりと学んでいかなければなりません。また、ハンドルマウントを作る必要が出てきました。

嬉しいことに、ローカルライダー達に実験台(?)になって頂けるとの事で、そのうちここで写真を披露できたらと思います。

ちなみにボディはCanon 50D、レンズがCanon50mm 1.8と24mm 2.8、Tokina17mm 3.5、フラッシュがシグマ610ST、リモートがYongnuo RF-603です。編集ソフトにライトルーム4を近々導入する予定です。

1/200秒でもバッチリ

0 件のコメント:

コメントを投稿