2011/11/08

記録更新

記録は更新する為にあるものでして...。また長野で走る機会があったのですが、このトレイルが楽しいったらありゃしませんでした。くねくね曲がるハーフパイプが2、30分続くとしたら?そんな楽しいトレイルがここにはありました。自分の勝手な楽しさランク堂々の第1位です。

紅葉真っ盛り

猿が木の上で縄張り争いをするのを横目に上りスタート。といっても、丸々3時間は押し担ぎです。熊が出ない事を祈りながら、無事登頂。11月の長野だというのにこの日はとっても蒸し暑かったです。





昼食を食べ、いざドロップイン。といっても最初はタイトな激坂が続くので、ブレーキに力を入れる指に全神経を集中して下ります。それでも止まれず、バイクや身体を木にぶつけて停止、なんてこともありました。そのせいか、家に帰ってバイクを見てみるとヘッドチューブのエンブレム真上に大きな傷が...。バイクなんて傷ついてなんぼですが、これは普段傷つきにくい場所だけあって、ショックでした。普段から腕上がりはしないですが、このパートでは右手(前ブレーキ)は人差し指一本だけでなく中指も出動。一気に高度を下げた後は、緩やかなアップダウンが続くパートになりました。パンプトラックのように、プッシュプルだけで進める区間もありました。その区間が終るといよいよ最高なパートです!全部でコーナーがいくつあるんでしょう?30個?50個?ほとんどのコーナーに木の階段がなぜか付けられていて、落ち葉の下に隠れているのですが、バームにしっかり上って曲がれば階段をスキップできます。もちろんバーム以外もハーフパイプ状なので、真っ直ぐ走ってはもったいない!無駄に、出来るだけ多く蛇行して斜面を上り下りし、楽しさ倍増!




本当にGoProを持っていかなかったのが悔やまれます。文字だけではこの楽しさが伝わらないとは正にこのことですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿