2011/09/29

reverb

ロックショックスのリバーブを遂に付けました。しばらく雨が続いた後に訪れた、暖かくて気持ちのよいまさしく自転車日和でしたが、室内から外を眺めながらの取り付け作業となりました。今乗っているフレームはシートポスト径が30.0mm、リバーブは30.9、31.6mmの2種類の展開のみ。ということで、3時間かけて30.9mmを30.0mmになるまで削りました。これでもう何もバイクに対して言う事ありませんね。後は全てライダーの体力、技術の問題になります。明日、パークで試してきます。来週からは初アメリカライドです!

2011/09/26

ALL. I. CAN.

たまには自転車以外の話でも。友達に誘われてスキームービーの試写会に行ってきました。ウィスラーでも珍しい?冬嫌いの僕、チケットもそれなりの値段がしたのですが、なんとなく行ってみようくらいの気持ちで見に行ってきました。で、結論から言うと、今までスクリーンを通して見た映像(自転車も含む)の中で一番の作品でした。とにかく凄い。そして感動しました。ウィスラーローカルが世界各地を旅して、環境問題にも触れて雄大な自然の中でスキーをするというこの作品ですが、会場は大盛り上がり。終始、歓声が上がっていました。スキーはやらないから、と言う理由だけで見に行っていなかったらきっと後悔していましたね。なんだかスキーもやりたくなってきました。皆さんも機会があれば是非!

ちなみに試写会が始まる直前まで、ペンバートンでクロマグのプロモーションビデオの撮影をしていました。被写体は僕で、フィルマーが遠く離れたケローナという町からわざわざ来てくれました。この前はコヴァリックを撮り、今度は自分が撮られるという、被写体を追い、被写体にもなるという生活はとってもラッキーで光栄に思っています。近々アップされる予定ですのでお楽しみに!



2011/09/23

コースト&コヴァリック

少し間があいてしまいましたが...。また最近雨が良く降るようになり、もう完全に夏は終わってしまったようです。これからどんどん日が短くなり、寒くなっていきます。この時期はとても好きなんですけどね。

前回の記事のフライデーライドの後、メカニックの友達トーマスとサンシャインコーストへ行きました。とても行ってみたかった場所で遂にライドが出来る!朝から雨であまり乗り気になりませんでしたが、ホストしてくれた友達のJFに案内され、走り始める頃にはすっかり雨も上がり晴れ間が。駐車場と化した空き地には15人近いライダーが集まっていました。まずはジープロードを6km程上り、そこからシングルトラックへ。トレイルは木の根が少なくフカフカで、絶妙なアップダウンが続いていました。JFはまだ引っ越して来て3ヶ月程しか経っていなく、トレイルを知り尽くしていないようでしたが、最高に楽しめました。翌日も朝から昼過ぎまで雨の中、たっぷりライド。ゴープロのビデオを目下編集中なので、そのうちアップしたいと思います。それにしてもサンシャインコースト、次の夏の目的地になりそうです!

そして一昨日、フェースブックを見るとクリス·コヴァリックからメッセージが。クロマグでDJバイクのモンクを彼にサポートすることになり、バイクが組み上がったので撮影に行こうとの事でした。昼に落ち合い、まずはスケートパークで撮影。トップDHレーサーですが、フットプラントや360を楽々こなします。なかなかカメラのピントが合わず、かなりのNGテイクを出してしまいましたが、クリスは嫌な顔せずひたすら走ってくれました。次はパンプトラックでの撮影。ここではゴープロも使って写真を撮ってみました。ということで、ご覧ください。









2011/09/17

wild bill

今日のフライデーライドはショーン、ダーシーと僕の3人だけ。イアンとジュリアンはべガスのインターバイクに行っています。行き先はペンバートンから北へ20分程車で走った所にあるトレイル。山の麓の湖に車を止め、そこから小一時間程舗装路を上がり、次はジープロードを同じ時間かけてトレイルの入り口へ。木が道上に生い茂っていてこのアプローチがとてもキツかった!顔に鞭のように当たるわ、乗っていても木にブレーキレバーが勝手に引っかかって転びそうになるわで一苦労。この日はバイク用のショーツを忘れ、普段履いているジーンズでライドをしたので、小雨まじりの天気のせいで濡れて足が回しにくかったです。おまけにただでさえ視界が悪いのに、某社のサングラスは広告と正反対の使えなさを発揮し、さらにイライラ度アップ。ですが、ここでの溜まりに溜まったイライラをトレイルの下りで解消できると知っているので、くじけそうになりながらも上っていけます。

いよいよ下りの始まりです

これはかなりイケて無いですね

川の見えている麓まで全て下りのトレイルです


やっぱりバイクは汚す為にありますね!

下りがこれまた最高でした。タイトな砂の急斜面があるかと思えば大きなターンのある高速セクションやロックフェースありと、かなりバラエティに富んでいました。何より、あまり乗られていないトレイルの為か景色が良かったです。うっそうと生い茂る森、苔が敷き詰められた岩、そしてその中を走る一本の道。あ〜、今度は撮影をしにいきたいですね。

さて、これからサンシャインコーストに行ってきます。初めてのコーストで、とても期待大です!

2011/09/13

まっ黄色

未塗装だったフレームがデカーフにペイントされて戻ってきました。かなり人目を引く様で、すれ違うたびに色んな人からいいねと言われました。見た目に恥じない走りをこれからも頑張っていきます。

フレームはジプシーですが、こちらではジンジプシーと呼ばれています。このジンは僕の名前からきていて、シグニチャーモデルとまではいかないですが、自分の名前が製品に付けられるのはとても嬉しい事ですね。




イエローキット

2011/09/12

残暑見舞い

雨で泥だらけになるのは大嫌いですが、もういい加減に降ってほしい今日この頃です。少し前にお隣のアルバータ州からウィスラーに遊びに来てくれたバンフ組と、今年も出張という名目で楽しまれているこちらの方とがっつり乗ってきました。ビッグバイクが故障、DH用のハードテールはデカーフにてペイント待ちということで引っ張りだして来たのがパンプトラックバイク。100mmストロークに140mmローターでどうなる事やらと思いましたが、路面がスムースなジャンプトレイルは思ったより走れました。さすがにシングルトラックは避けて走りましたが。

まだまだ現役

一昨日はフライデーライド。エメラルドで朝食を摂り、バイクパーク脇を上っていってピークの裏側をぐる〜っと回って約1500mを最高なトレイルで下り、たどり着いたのがエメラルドから20km離れたファンクションジャンクション。時間にして6時間ほど、距離は30km以上の、かなり過酷なアルパインライドでした。

ピーク2ピークをくぐります







4ヶ月の寿命でした

今日は先日見つけたシークレットスポットへ、ウィスラーに滞在している日本人の友達と見に行ってきました。嬉しい事に、以前見つけたセクションを更に上っていくと、また別のセクションを発見!何かのムービーで使われたのでしょうか?





かな〜り長めです




リッチーの飛んだ跡ですね

そしてこちらが今日発見したセクション
岩からドロップしてその勢いで5mのギャップ

2011/09/08

MTB日和

こちらの9月は雨が良く降ったりするのですが、今年は夏が全体的にずれ込んでいる様で、連日30度近い真夏日が続いています。湿度は無いですが、直射日光は焼けるような暑さです。そんな乾きすぎなMTB日和が続いていますが、先日発売されたMTB日和に、ここウィスラーのガールズライダー特集を担当させて頂きました。拙い分と写真ですが、読んで頂けると幸いです。ということで、本屋さんへgo!



2011/09/06

up up and away

一昨年遭難し、生命の危機を何となく感じたトレイルに再挑戦です。この日は晴天に恵まれたのでよほどの事が無い限り遭難はせずに済むはず。前回は山の中腹まで車で上り、そこからハイキングトレイルを担ぎ上げましたが、今回は全て自走でジープロードを上るルートを選びました。この方が短く楽ということでしたが、全く楽ではなかったです。ジープロードを上りきったところから、今度は押し担ぎの始まり。草の中に大きな岩がゴロゴロ転がっていて、まともに歩くのすら難しかったです。ここまで走り始めてから4時間ほど。前回の遭難時は、昼食後から8、9時間ぶっ続けで押し担ぎでしたから、今回は全く苦にならないはずですが、それでもとっても疲れました。ですが、ここは頑張り甲斐のあるトレイルですね。アルパインということで、とてもきれいな景色が広がっています。そしてもちろん、上った分の下りが待っています。全体的に急で、フカフカな土質の前半から、ロックフェースだらけの後半と、とても変化に富んでいます。共通しているのは、どちらも最高に楽しい事。この日の走行データは全長30km、1400m上ったそうです。

GoProの映像と一眼で撮った写真をムービーにしたのでご覧あれ。これぞクロマグ·フライデーライドといった感じです!HDで是非見てください。




ちなみにこの日の相棒はクロマグの29er、一番最初に作られたもので、サイズがLというだけあって、全く僕の身長(176cm)に合わず...。おまけにリアタイヤが2.1インチのつるつるタイヤだったので、ブレーキ効かない、パンクしやすいという、全くこの日走ったトレイル向けではありませんでした。登坂性能はやはり29インチだけあってそんなタイヤにも関わらず良くトラクションがかかりました。バイクの倒しやすさ云々は正直わかりません。というより、バイクを倒し込むような走りが出来なかったので。倒したら、あのタイヤではそく転倒してましたね。ということで、最初の29erの印象は、上りでよく転がる、サイズ選択が26インチよりシビアということくらいでしょうか。ということで、僕は見た目も含め、26インチで満足です。


2011/09/05

ロデオサーカス ムービー

ロデオサーカスツアーの一部をご紹介〜。内容はバイクパークでのライドになっています。ロデオサーカスはXCからDHまで、ライダーのレベルを問わず、様々なカナダのフィールドを目一杯楽しめるツアーです。僕もこのツアーに参加したおかげで今があるといっても過言ではありません。GoPro動画ですので揺れが酷いですが、少しでも楽しさが伝わると嬉しいです。



一昨日はフライデーライドに行ってきました。その模様をばっちり動画と写真に収め、目下編集中です。お楽しみに〜。