2011/07/27

ロードトリップ

旅から戻ってきました、数日前に。ということで、日記調に振り返っていきましょう。ちなみに今回の各々の目標はというと、辻さん:去年クリアできなかったバイクランチにあるジャンプを今年は飛ぶ。マミ犬さん:長くて急な斜面で自分自身のラインを描く。ダイキさん:バックフリップ。自分はロードトリップがどういうものかを知るということに重きを置きました。それ以外は主立った目標を決めず、その時の気持ち次第で挑戦するかどうかを決めるという楽なスタンスで楽しみました。

DAY1
朝一にマミ犬さんとバンクーバーの辻さん邸へ。荷物満載で一路、内陸部のネルソンを目指します。バンクーバーから真西へ車で8時間の位置にあるネルソンですが、ここもかなりのフリーライドが楽しめる場所です。この日は一日を移動に費やし、ネルソン手前のロスランドという小さな町で翌日走る予定を立ててキャンプをしました。ロスランドはマイク·ホプキンスの住んでいる町ですね。



DAY2
午前中に移動をしてロスランドに到着。地図を片手に難しくて面白そうなトレイルを選びます。今回の旅で、マミ犬さんは終始ビデオを回し、近日その模様が何かしらの形で発表されます。ということで、まず最初の撮影はロックフェースだらけのトレイルに決定。半日かけて撮影をしながら山を下ります。下りきったところで夕立にやられました。上から下までびしょ濡れ、ということでこの日は安宿で一泊。カメラが濡れたせいで一時的に電源が入らなかったのには焦りましたね。明日はネルソンで走ります。


DAY3
手前のロスランドからでもさらに2、3時間離れた所にあるネルソンはロビー·ボードンを輩出した町です。バイクショップを巡り、クロマグのディストリビューターであるNRGを訪れた後、辻さんが過去に飛んだ事のあるロードギャップへ。まるでスキージャンプのようなどこまでも飛んでいけるロードギャップでした。その後、町が見渡すことのできるトレイルを走り、この日は終了。山間の駐車場でテント泊をしました。





DAY4
同じ駐車場でハイになった女性のわめき声でこの日は起床。バイクショップで進められたフローの良いスタント満載のトレイルでライド&撮影。このトレイルにあった大きなジャンプは過去ににたサイズを飛んでいるものの、飛べませんでした。短期滞在のロードトリップでは無理は禁物ですね。撮影を順調にこなし、夕方からは450km離れたフリーライドの聖地、カムループスへ移動。DVDに良く出てくる、砂漠のような町ですね。夜中の2時にカムループスに到着し、テントで就寝。




走れなくても、ラインを想像するだけで楽しいのがフリーライド

DAY5
朝起きて辺りを見回すと、ウィスラーとは全く別の景色が広がっていました。イメージ通りの不毛の地といった所でしょうか。同じ駐車場で泊まっていたダイキさんとも合流。ダイキさんは前日入りしてバックフリップをメイクしたみたいです。まずは谷底を縫うように走るトレイルへ。右へ左へ振られ、最高のフローを体験できました。午後からはバイクランチという公営バイクパークで僕以外の3人はジャンプに励んでいました。その間に僕はシャベル片手に急な斜面で下りれそうな所を探し、ラインを造っていました。ジャンプを楽しんだ3人と合流し、マミ犬さんが見つけたラインで撮影。理想のラインよりはかなり短いですが、それでもビッグマウンテンという雰囲気を味わえ、ライド、撮影、土方と気分はコレクティブ·クルーの様。僕もその後、短めのラインに挑戦してみました。路面はもろい土なので止まれるかどうかが心配でしたが、思いのほかコントロールでき、とても楽しめました。夜はモーテルで就寝。




シルエットの撮影は何度も行われました

DAY6
トリップ初日は長旅に少し身構えていましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎ、今日は最終日。この日もジャンプと急斜面をメインに各々、納得のいくまで走り込みます。僕はこの日、昨日よりも長めの斜面を攻めてみる事に。直線的に下りたマミ犬さんのラインに対し、僕のはくねくねと曲がっています。スキーのようにフカフカの砂の上をターンする感覚は病み付きになりました。ウィスラーにも砂丘があったらいいのに。全ライドも終了し、バンクーバーへ戻ります。この夜は辻さんの家に泊めてもらい、翌日はゲイパレードを見に行きました。と、こんな感じで旅は終了。

砂埃でラインが分かるのが面白いですね

後日、マミ犬さんが今回の旅の模様をビデオで発表する予定です。そのビデオの中に僕が撮った写真も盛り込まれる予定ですので、楽しみにしていてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿