2011/06/19

風邪

時間が無いと言い訳しましたが...。日が長いため外に出っぱなし→疲れて帰宅→「ブログ書かなきゃ」→「そういえば明日面白いイベントあるからそれが終ったらまとめるか」→それが次から次へとたまっていく→今に至る
という悪循環にはまっていました。ちょうど運良く(?)風邪を引き、今日は乗らなかったのでブログ書く時間が出来ました。

まず、あちこちで告知をして頂いているクロマグのショウ&シャインの写真応募ですが、現在5名の方から写真を頂いています。って、クロマグオーナーはもっといるはず!皆さん、お忙しいでしょうが、ご応募お待ちしています。chopper _ _ for _ _ life @ hotmail.comまで写真をお送りください。アンダーバーは2つづつ、スペースは全て除いてください。よろしくお願いします。

水曜日は今期初のパークで行われるPhat WednesdayというDHのシリーズ戦が開幕する予定でしたが、アイスホッケーのスタンリーカップの決勝が行われたため金曜日に延期されました。このスタンリーカップ、オリンピックや世界戦に次ぐほど重要視されている大会で、町はホッケージャージを着たファンでごった返していました。バンクーバー街中に集まったファンの総勢は10万人に上ったそうです。地元のバンクーバーカナックスは決勝まで駒を進めるも、ボストンにストレート負け。これに怒ったファンはバンクーバー市街地で暴動を始めました。車は燃えるは、略奪は行われるはで、世界で最も住みやすい土地として知られているバンクーバーはそこにはありませんでした。まるで内戦の様。94年にも同様に決勝敗退し暴動が起きています。ここまで人を熱くさせるホッケーですが、これにはかなりの非難が集まっています。

で、木曜はトゥーニーレース。この日のコースはバイクパークを上って下ってまた上って下ってのフィニッシュ。序盤は好調だったものの、例の諦め癖が発症し、最初の上りでのんびりモードに切り替え。これじゃいつまでたっても速くはなれないのは分かっているのですが。

リモコン+セルフタイマーでドンピシャ?

金曜日。フライデーライドの日ですが、朝から風邪の症状をなんとなく感じ取っていたのでこの日は見送りに。代わりに先日組んだパンプトラックバイクでウィスラー内3つのパンプトラック巡りをしてきました。実は今、ショウ&シャインに向けてバイクと一緒に写真を展示する予定でして、各バイクにちなんだ写真とストーリーを集めている途中なんですね。まずは家の裏にあるパンプトラックで撮影。着いてからブレーキがしっかりハンドルに付けられていないと気づくも工具無し。そのまま乗っていました。コブとコブの間にカメラを置いて、飛び越えている所を撮ろうと思ったら、その前で失速→ブレーキレバーがずれて指が届かない→カメラに着地。買って1年も経たずにもう壊したかと思いましたが、幸いボディとレンズフードに傷が付いただけ。事無きを得ました。しっかりとレバーを固定し、次のパンプトラックへ。ここは2年前にペダルでスネを割いた思いで深い場所。家からここまで11km。スネを再び割く事無く、いくつか良いショットが撮れたので、さらに次のパンプトラックへ6km程南へ移動します。クロマグのオフィスからすぐ近くにあるこの最新のパンプトラックは、オーバルでコブが4こづつしかない至って単純なもの。ただ、コース幅がなかなか狭く、スピードを乗せるのが難しい。アングルやポーズと色々格闘しながらいくつか気に入ったショットが得られました。ここでクロマグオフィスに戻るとちょうどライドを終えたファミリーと合流。皆(全員元メカニック)と昔のろくでもないパーツ談義に花を咲かせ、帰りはヴィレッジまで乗せていってもらいました。着くとすでにDHレースは始まっていた模様。急いで上って写真を撮り始めました。全員分は撮れなかったですが、コチラでご確認を(昨日のエントリーと同じものです)。フェースブックにこのアルバムをアップした所、大勢の参加ライダーが自ら、あるいは友達をタグしてきてくれ、良い反響があることがわかりました。これからはレースコースが自分の好みではない時には積極的にレースの写真を撮っていこうと思います。こうやって少しずつ貢献し、自分の名前も同時に広めていけたら嬉しいですね。ちなみに帰りも8kmを自走。シートべた下げのシングルスピードで25kmも走れました。



スロープスタイルコースも完成間近!

皆、良いバイク乗ってるなぁ

ファンキーなお母ちゃんだこと

0 件のコメント:

コメントを投稿