2011/06/13

3 minute gap

すごい映画でした。100分の1秒を争うライダー達のレースとは違った魅せる走りがたっぷり見られる仕上げとなっていました。でもインタビューは特典映像として、ライディングのみが主な内容だったらもっと良かったかと思います。そんなすごいものを見てしまうと、翌日のライドはかなり力が入ってしまいます。攻めに攻めたら転びました。擦り傷程度なのでなんてことはありませんが。

話変わって今欲しいものがあります。それは可変シートポスト。シートの高さを変えられるやつですね。フライデーライドでももはや標準装備。下りに入る前にシートを下ろす為に待ってくれることさえ無くなりつつあります。バイクパーク外のDHトレイルはその多くが上り返しを含むので、これがあるととても便利なのです。発売当初は自分にいらないものだと思っていましたが、あると確実に便利という結論に達しました。XCポジションで下っても皆に追いつけないし、楽しめないし、何より危険なので。問題は今のフレームサイズが小さめなので長めのものがあるかどうかです。それにしてもパーツはどんどん便利になっていきますね。ただ新しいものが発売されてもすぐに飛びつくのはどうなんだろうと良く思います。お金で全て解決できるのですが、ちゃんと必要かどうかが吟味できないとその恩恵に預かっている、という気持ちが薄れるような気がします。最終的にその商品を手にするまでにライドを重ねる事でうまく、速くなっているわけで、その方が入手前後の比較がしやすいでしょうし。と言いつつ、新しい物好きなのは否めません。

夏に向け、色んなものが見れるようになってきました。今週は2台もトランジションのフレームのヘッド部分がモゲているのを見ました。カーボンEvilも既に走っていますがどうなんだろう?素材を変えた所で壊れるものは壊れるような気がしますが...。Zerodeも数台走っています。新型NorcoのDHバイクも見かけました。随時報告できたらと思います。


3 件のコメント:

  1. カーボンEvilなどのニューモデル、もう走ってるんですね♪
    すごいな~

    jinyaさんのリポートを楽しみにしてます♪

    返信削除
  2. おお、あの15.2kgの軽い奴、大丈夫かと思ったらアルミでもモゲていたんだ・・・。Evilオーナーが大ケガしませんように。

    返信削除
  3. >リョウタさん

    アルミフレームのEvilはとんでも無い数が壊れてその保証で会社がつぶれそうになったみたいですね。カーボンフレームの名前はUndead、一度死にかけたけどまだ生きてるよ!としか僕には聞こえないのでなんとも残念な名前に思えます。

    返信削除