2011/04/28

パンダと熊

誘われないかぎり足を運ばないであろう動物園へ。お目当てはパンダでしたが、15分程並ばされ、歩きながら遠目に見た彼らは顔を見せずに寝ているか常に歩き回っているかのどちらかで、写真どころではなかったです。白くない熊は散々見ているので、なんだか親近感は湧きましたが。鳥と犬と猫とネズミとリスと馬と熊は日常的に見ていたので、やはり動物園でしか見れない象やカバの大きさには圧倒されました。大人になってもまだ人間の方が身体が小さいので、凄いと感じれるのでしょうね。

それにしても動物園での撮影は難しいですね。被写体が撮る側の意思を汲まない、オリやガラスが邪魔(それをうまく使う手もありますが)、人がいっぱい、と、ゆっくり構図を考えて、なんていう場合ではなかったです。50mm単焦点(僕のカメラでは80mm相当)のみではさすがに厳しかったのでほとんどの写真はクロッピングしてあります。











パンダの翌日は熊です。二人にモデルになってもらい、家から5分の山でちょこっと乗って、ちょこっと撮ってきました。スポンサーのCHROMAGブログにも写真を載せています。





エアバイク、イメージは大切です


2 件のコメント:

  1. 50mm単焦点を持っての動物園は楽しそうですね。
    着眼点も構図も流石ですね~!
    お世話になっているお店でクロマグの取り扱いが始まったのでぐっと身近な存在になりました。
    あとは先立つものを・・・。

    返信削除
  2. >しょうへいさん
    あやうく24mmを持っていく所でしたよ。無線レリーズをゲットしたのでこの夏はセルフポートレイトをたくさん撮れそうです。
    クロマグ、今年もラインアップが増えそうなので楽しみですよね!

    返信削除