2011/03/30

目の使いよう

都市部でもなく山間部でもない、いわゆるベッドタウンでは、フリーライドができる。
2000mの山々に上らなくたって、アドレナリンは出る。

普段は通り過ぎる石垣は、ウォールライドが出来るかもしれない。上から乗り下りられるかもしれない。シャベル3杯分の土で5m向こうの岸へ飛び移れるかもしれない。ベッドタウンにはこのような可能性を秘めたセクションが無数に存在する。この「かもしれない」を実現させるのが都市近郊型フリーライドの醍醐味だ。都会のど真ん中では真っ直ぐ自転車を走らせる事すら困難で、山の奥では普通に走る方が絶対楽しいだろう。都市近郊の程よい傾斜の付いた町並みはちょうど良い中間の環境を提供してくれる。完全にコンクリートの上だけだと、それはBMXの得意分野なので彼らに譲るとして、やはりMTBなら多少の自然もセクションに織り交ぜたいところ。

普段、嫌が上にも歩かされている通勤路が、自分だけのバイクパークとなるかもしれない。もちろん、山へ足を伸ばして、自然が生み出したMTBにピッタリな極上のうねりを探しに行ったって良い。ひとたび重力に逆らえば、スリルが込み上げてくる。

ルールは3つ、
  1. 立つ鳥跡を濁さず:作ったら壊す。小1時間で作ったものなら5分で元通りになるはず。
  2. 論より証拠:セクションは残さない、記録を残す。
  3. 安全第一:無理はしない。「自分(や他の誰か)ならここでこんなことができる」とセクション攻略を想像するだけで普段の通勤·通学の車窓の景色が変わる。
合言葉は自己責任で!





2011/03/27

出会って分かれて

あともう少ししたらお披露目となる東京近郊の常設コースへライド&土方してきました。里山なんだけど、常設だからもちろんハイカーを気にしなくて良くて好きなだけ走り込めるという、なんだか不思議な感覚です。コースはメリハリがあり、かついやらしいコーナー立ち上がり後の上りが所々に散りばめられているので、「里山=高低差少なめ=簡単」といった常識が見事に崩されるレイアウトになっています。エリートXCレーサー達が周回練に励んでいる一方で、僕は見事なflowを楽しませてもらいました。もちろんそれだけではなく、駐車場横にあるパンプトラックも発展途上中なので今後の成長に目が離せません。関東に、また新たな注目スポットが出来つつあるのでした。詳しくはコチラ

いきなり見えて来たのがコレ!


昨日は大学時代から付き合いのある友達が月末に帰国するという事でお別れ会に行ってきました。当時知り合った友達のうち、何人がまだ日本に居る事やら。仲良くなっても短期間で分かれてしまうのが辛いですが、今では大体どこの国へ行っても誰かしらが住んでいるのは喜ぶべきですね。今回帰国する友達は日本に3年間住んでいました。彼女を通して知り合った友達が2年越しにまた日本へやってきます。こうした再会がこれからも楽しみです。



パーティー後は渋谷の友人宅へ。終電を逃し、新宿から徒歩で帰宅。夜の東京は昼とは違う光景が広がっているので、実は電車で真っ直ぐ帰るよりもこっちのほうが断然やりたかったのです。ということで1時間程のフォトセッション開始〜。


竹下通りを独り占め〜


心霊写真!?

2011/03/20

still, a motion

しばらく更新が滞ってしまいましたね。こちらは元気にやっています。この冬で5年目になる教材発送のバイトをしているのでなかなかネタも溜まりませんでした。残業分がもう少し溜まったら募金しようかと思います。

写真がたまっていたのでここで放出〜。選びに選んだものをここに、残りはコチラにアップしましたのでご自由にダウンロードしてください。何せ枚数が多いので、いちいち選ばず、フォルダごとアップしてしまったので中にはしょぼい写真も含まれていますし、何より気に入った物を探すのが大変かと思いますがお許しを。そして、スライドショーも作りました。音楽に合わせているので移り変わりがかなり速いです。見逃した写真はポーズするかアルバムで確認してくださいね〜。




ハンドルバーが地面から20cm程の所まで倒せました

photo by hero

「今日の一枚」






金子店長



左肩に注目!




合体!



元の動画は5GBで高画質ですが、そんなサイズじゃどこにもアップできないのでサイズを落としたら...。きっとスライドショーが綺麗に作れる方法という物があるんでしょうね。


2011/03/07

MLオープン第4戦(動画追加)

*アップされた動画を追加しました。楽しい雰囲気が伝わってきますね。アングルも素敵です。僕は2:28と3:53に出ています。



チームサイスポに混ぜてもらい、都内から片道5時間かけて行ってきましたMLオープン。到着したのが当日朝5時。その時は誰もいなかった駐車場は、目を覚ますと一杯になっていました。

高田馬場にて

イベントの試走が朝8時からなので仮眠明けの僕らは寝ぼけ眼になりながら準備開始。会場一番乗りで遅刻をメイク!開始を10分遅らせてもらい、試走を2本ねじ込みました。参加者は80人程でほぼ全員フルフェイス+レースジャージ着用。中にはリアットまで付けている方達もいて、どうみても街乗りの格好をした僕らはかなり浮いていました。チビっ子や女性も多く、お世辞抜きで皆レベルが相当高いです。開始前からかなりビビっていた僕らですが、試走を終えると全員、「コースが楽しすぎる!」で一致。




計測は2本行われましたが、レースではないこのイベントらしく、スタートラインは大体この辺、という程度。スタートとゴールに無線を持った計測係が居て、ストップウォッチでタイムを計ります。なのでコンマ数秒くらいはずれていても当然なわけで、この緩さがかえってやる気にさせてくれます。





ローカルの皆さんはやはり乗り込んでいるので速く、スムースに走れるラインを知っています。片や僕らはあまりにもバームが楽しすぎるので速く走るよりも滅多にお目にかかれないバームで目一杯楽しみました。楽しく走るという点で、イベントの趣旨に沿っていたと思います。







最速タイムはこちらの中学生


ローカルの手によってちゃんと考えて作られたバームは安心してバイクを預けられます。頭は直線的に移動するのに対し、腕と足は最大限に使ってバイクを振り回してバームに吸い付けさせることができ、バイクと身体が一体になっている感覚を体験できました。




イベントで使われたコースを走った後は、僕が去年ウィスラーでガイドをさせてもらった2人組に案内してもらい、自走で30分程上ったコースへ走りに行きました。こちらのコースは上級者向けなそうで、下のコースとは異なっていましたが、これまた「コース最高!」で一致。ヘロヘロになるまで乗り倒しました。参加された皆さん、お世話になりました!

2011/03/04

小学生の頃、夏休みは毎日のように遊びに行っていた近所の川と、区画整備がされてから10年以上放ったらかしになっているとある場所へ。特に後者はなかなか洒落た場所なのでバイクとリモコンと三脚を持っていけば良かったと後悔。












今日のお気に入り。この廃れっぷりが最高








再来週のDCFでのイベントは両日ともライド&撮影会に変更されました。う〜ん、撮ってばかりじゃあまり乗れないし、乗ってばかりじゃ撮れないし。悩ましい!セクションも増えたみたいでとっても楽しみ!

とりあえず、明後日はMLオープンです。初めての東海地方でのライド、ローカルの皆様お手柔らかに〜。