2011/12/31

2011を振り返って

本当は今年のカナダ滞在中のみの目標でしたが、こんなのを挙げていました。
  1. 約135日間の滞在なので、100日以上乗る!今年はトレイルを走る割合を増やします。
    →達成ならず。2011年内では100日以上走っているはずです。

  2. 記録と記憶の両方に残る走りを!写真いっぱい撮ってきます。ビデオも3、4本質の高い物を撮りたいと思います。フライデーライドのドキュメンタリーなんか撮ってみたいな。
    →スライドショー関連が2つ、自分で作ったのが2つ、撮ってもらったのが1つなので目標達成!フライデーライドのドキュメンタリーは1本だけでしたが作りました。

  3. ロードトリップをして他の地方へ乗りに行く!ウィスラー以外のバイクパークを走る。足を伸ばしてオレゴンでも乗ってみたい。
    →カムループス、ネルソン、オレゴンに走りに行ったので目標達成。

  4. スポンサー·サポート獲得!もっと自分を売り込んで人脈を広げ、走りに共感してもらえる企業を見つける。
    →来期よりIntertec様にサポートして頂けるようになりました。物の提供と言うより、企業が自分の活動に共感してくれた事がなによりも嬉しい事です。

  5. ウィスラー周辺のスタントを全てクリアする!これは時間をかけてじっくりと。
    →全て、とは行きませんでした。これは今後の課題。自分でも造っていきたいですね。

  6. ワークビザ獲得!これが今回最大の目標。いくつか希望就職先はあるが果たして実を結ぶのか?→こちらも目標達成ならず。引き続き、獲得に向け頑張ります。
と、達成率50%でした。ですが、目標を立てる事で、やるべき事に集中できるので、効果はあったかと思います。自分の主な活動とも言えるメディアでの楽しみのシェアですが、これは継続的にできたので、今年もより多くの方に自分の活動内容を知って頂けたかと思います。さて、来年のプランも見えつつあります。まず、2月よりオーストリアへ行く予定です。滞在中にドイツ、フランス等も訪れ、現地のフィルマーチームと作品を作っていけたらと思います。4月前に帰国し、ビデオプロジェクトが関東で1つ、そして先日お伝えしたMTB逆落としのコースビルド、イベント参加をする予定です。こちらも新たな情報が分かり次第アップしていきます。ここまでがはっきりしている内容、ここからはこういう流れになったら良いなという内容になりますが、再びヨーロッパへ行き、サマーシーズンを各地で過ごす、7〜8月はウィスラーに滞在し、NSMBのエアプレンティスに参加する、という感じです。2012年はどういう年になるのでしょうか、と自分に問いただすのでは無く、こういう年にするという目標を持って望めたらと思います。

2011/12/29

High Roller 2

来年よりサポートして頂くIntertec様より、タイヤが届きました。Maxxis High Roller 2です。コンパウンドは3Cと60の2バージョンです。今年の発売からずっと気になっていたタイヤを遂に試せる機会が得られ、とても楽しみです。レポートお楽しみに!

2011/12/26

クロマグミーティング in グリーンピア三木 無事終了!

*動画追加

参加者のIさんより動画を提供して頂きました。僕も早く仕上げないと!



長いと言えば長く、あっという間と言えばあっという間だった2日間(移動をいれると4日間)が終りました。それも、たくさんの暖かい笑顔に囲まれて。

木曜日の夜に都内を出て、一路兵庫県は神戸へ。自分にとって初の関西圏でのライドです。きっと、景色を始め、土質からスタイルまで関東とは違うんだろう、とわくわくしながら向かったのでした。明け方の高速から見える景色はやはり関東の山々とは違ったもので、広葉樹が茂る、低山がどこまでも続く景色が広がっていました。三木東インターを降り、グリーンピア三木に到着。その広大な敷地内をうろうろとしていると、ジープをかっ飛ばして現れたのが今回のミーティングのホストをしてくださったokid'oki lifestyle店長の沖さんでした。沖さんとは僕がカナダに渡った初年度に現地のツアーでアシスタントをさせてもらった以来です。久々の再会を噛み締める時間も程々に、続々とローカルライダーの皆さんが集まって会場設営を始めてくれました。そしてそこに参加者の皆さんも続々集合。クロマグミーティングというイベントですが、もちろんクロマグを持っていなくても参加はOK。ただ純粋に楽しみたいという気持ちを持った方が大勢集まってくれました。




開会式


開会式を終えると、いよいよ午前の部開始です。ローカルライダー発案のミニゲームで交流を深める事に。参加者全員を赤組白組に分け、それぞれ10個の玉を持って別々のトレイルへとローカルライダーにガイドされて出かけます。そしてコース上に玉を隠した後はトレイルを入れ替え、いくつの玉を回収できるかを競うと言うものでした。セクションで手一杯で、玉を探す余裕など生まれない場所に隠したり、とても気持ちよい下りのど真ん中に隠し、あえてゆっくり下らせると言う悪質(笑)なものまであり、体力と頭脳を使うゲームでした。勝敗は...我が白組の負け!ちなみに僕は一つも見つけられませんでした。





「カナダ返し」という名の付けられたセクション


よ〜く見ると我らが白組にはいくつか偽物が混じっています

施設内のレストランで昼食後、午後の部へ突入。こちらは午前の部では走らなかった長めのトレイルへ全員で走りに行く事に。シダが生い茂り、広葉樹の落ち葉が積もってフカフカで、リズムの良いアップダウンが続くトレイルが関東のトレイルとはまた違って新鮮でした。

午後の部スタート!

バームが最高なショートコースでタイムトライアル


雪がパラつくとても寒い1日でしたが、多くの方に足を運んで頂き、とても素敵な時間を過ごす事が出来ました。ウィスラーで走った方々とまた日本でご一緒できたり(中には2009年にウィスラーで会ってそれ以来、という方も!)、僕のバイクのセットアップを真似してくれる方がいたり、そして純粋にクロマグというブランド、スタイルを気に入ってくださり、それを体験しに来てくれた方がいたりと、参加理由は様々でしたが、皆さんが持ち帰った「楽しい時間」は一つだと思っています。これからももっとこういう形で色々な人と関わっていけたらと思います。

前日の仕事からライド1日目が終るまで、ほとんど睡眠は取っていなかったので、ベッドに吸い込まれるようにして就寝。そして2日目の早朝、前回の記事にも書いたイベント会場の視察へ行ってきました。そしてその後、ローカルトレイルへ案内され、まる1日楽しんできました。こちらは写真をほとんど撮っていませんが、映像を撮ってあります。目下編集中ですので、もう少々お待ちください。


所変われど、求めるものは「楽しさ」ただ一つ。そんなMTBの一番大切なトコロを感じ取れた関西トリップでした。最後に、ミーティングに参加してくださった皆さん、神戸ローカルの皆さん、okid'oki lifestyleの沖店長、そしてクロマグジャパンの皆さんにお礼を申し上げます。

MTB逆落とし *日程修正

*開催日時は11月に移行しました。

なんだか、とんでもない事が起きそうな予感...。「逆落とし」というイベントの告知第一段です。まずはイベント内容を実行委員会の手引きより引用します。

1.MTB逆落としとは?
須磨の歴史財産である源平一の谷の戦いの中で、源義経による「逆落とし」は特に有名なエピソードとして内外に広く知れ渡っている。しかし、この逆落としの真偽やその正確な位置に関しては有識者間で論争が繰り広げられており、現在になっても決着していない。そこで、逆落としは実際に可能であったのか、またその有力な位置である鉄拐(てっかい)山から駆け下りたとすれば、どのような険しい道であったのか。現代の人力馬と呼ぶにふさわしいMTBでその歴史体感を行う。
義経は家来から鹿が崖を通れる事を確認すると、「鹿が通れるならば、馬も通れよう」と逆落としを実行したと言われている。これに習い、「MTBが通れるならば、馬も通れよう」と逆説的に歴史を立証する。もしこれにより歴史を検証する事が出来なかったのであれば、それは馬と鹿の能力を見間違えた真の馬鹿と言う事である。


2.実施概要
会場:鉄拐山(神戸市須磨区一ノ谷町)
日程:2012年11月
レース形式:招待選手10〜15名によるタイムトライアル *一般参加不可

歴史がどうこうと、一見堅そうなイベントですが、馬鹿みたいに急な斜面を下るDHレースと思ってもらえれば分かりやすいかと。鉄拐山にはロープウェイが架かっており、山頂から神戸の美しい山、海、街を見下ろしながら山頂の公園をスタート後、石段を下ります。その後、歴史検証を遂行すべく、コースはかつて馬が下って奇襲攻撃が仕掛けられた沢へと入ります。この沢、かなり急で、人の頭程の石がゴロゴロしたガレ場となっています。いくつかバームを設けないとスピードが出過ぎてコントロール不能に陥るのではないかと言う程の斜度。とにかく急です。そして沢を抜けると、砂防ダムへと出ます。なんとびっくり、国交省の許可済みだそうで、好きなだけセクションを作っても良いとのこと。ここへ、沢からのスピードを活かした巨大ジャンプを造る予定です。巨大と言うからには、日本最大のものを是非造りたいです。そして砂防ダムのゲートをくぐり、ゴールとなります。普段は絶対に入れない所で、好き放題できる、こんなに素晴らしい事はありませんよね。しかもダムは現在も機能しているのでセクションを造るための土は十分すぎる程あります。先日のクロマグミーティングで神戸を滞在中に下見をしてきましたが、かなり激しいコースが造れそうです。そして嬉しい事に、このレースに参加させてもらえるだけでなく、コースデザインを担当させて頂く事になりました。すでに国内外のライダーに声をかけ、参加表明してくれているライダーがいます。参加ライダーは詳しく決まり次第発表できればと思います。スゴイ人たち、来るかもしれませんよ!多くのメディアも駆けつけてくれるそうですので、関西の人はもちろん、関東は遠方となりますが、是非足を運んで頂けたらと思います。拡散希望、告知大歓迎です!


スタート地点からの景色


反対側には明石大橋


砂防ダム



このゲートをくぐります。ワイドバー注意!


ゴール地点

2011/12/22

Jinya on Maxxis!

いつの間にかクリスマスと思ったら、2011年も残り1週間ちょっとになってしまいました。自転車はここ1ヶ月、毎日乗っています。平日はバイトでママチャリを20km程乗り、週末はローカルライダー達に連れられ、あちこちの楽しいトレイルへ出かけています。そんな師走にビッグニュースが舞い込んできました。インターテック様のご好意で、2012年よりMaxxisのタイヤを使わせて頂ける事になりました!実質的な日本での活動はほとんど無いと言って良い程の僕ですが、海外での活動およびその方向性に賛同してもらい、今回の運びとなりました。Maxxisウィスラーでは常に愛用していたタイヤで、ローカルライダーからも絶大な支持を得ています。新製品のインプレ等もさせて頂けるとの事ですのでお楽しみに!


さて、これからパックして、向かうは兵庫県。クロマグミーティングに行ってきます!

2011/12/10

落ち葉

関東は落ち葉ライドのピークを迎えつつありますね。今の時期の方が紅葉が綺麗なんていう場所もあったり。先日の忘年ライドのリハビリ?として、ローカル友達ライダーと超ゆる〜く乗ってきました。むしろ写真撮影がメインだったのでは、といえるくらいのゆるさでした。




落ち葉を集めて...

エアターンで蹴散らす。今の時期ならではの遊び


2011/12/09

忘年ライド

カナダでもこんな人数で一度に走った記憶はありません。偶然の産物か、はたまた神様のいたずらか、平日に、大勢のライダーが山村で鉢合わせをしてしまいました。見渡すと、元全日本チャンプやら、現役トップライダーやら、ワールドクラスのエピックレーサーやら、雑誌でおなじみの店長やらと、時代を築いた、あるいは築いている方々が大集合。もちろん、トレイルライド好きなホビーライダーの方々も大勢いました。それこそ上りなんて、こっそり「よーいドン!」なんて言おうものなら何人が本能的に反射してアタックをしていた事か。もしかしたら、シリーズポイントがもらえちゃうかもしれない、というくらいの豪華な顔ぶれでした。ライドとしては、1400mを3〜4時間かけて上り、あとは豪快に麓へめがけて一直線といった内容。下りでは、レーサーではない自分の走りを見てもらおうと、色々と工夫してみました。何度か先頭を引かせてもらいましたが、走行中に後ろを振り返ると、最後まで見えない程の長い列が。レースでもないのにこの人数って、とにかく不思議な体験でした。上りは正直うんざりするほど長かったですが、ちゃんと無事に帰って来れた訳で。皆様、お世話になりました。

おそらく、村人の合計よりも参加者の方が多かったでしょう

当然、こうなる訳で...

アルプス山脈が端から端まで見えました


毎度の富士山がいつもより近くに!

赤が流行でしょうか?


2011/12/02

クロマグ ファミリーミーティング in 関西

以下、協力してくださる神戸のショップ、オキドキライフスタイルさんからのクロマグミーティングの告知です!

カナダ発マウンテバイクフレーム「CHROMAG(クロマグ)」によるファンライドイベント「クロマグファミリーミーティング関西」を実施します。本国でのクロマグ自体、仲間同士で集まってトレイルを走るうちに発生したブランドであり、ここ日本でもトレイルを仲間と楽しく走る機会を大切にし、親睦を深めていくという趣旨の元、実施したいと考えています。
もちろん、クロマグオーナーだけに限らず、全てのマウンテンバイクに乗られる方が対象で、どなたでもご参加いただけます。その他クロマグユーザー同士の親睦を深めたいと考えている方、クロマグに興味がある方、ゲストライダーに会いたい方、などなどのご参加も大歓迎です。

普段はなかなか走りに行く機会の無い関西方面ですが、このミーティングに合わせて僕も行く事となりました!
その他にも雑誌などで活躍中の女性ライダー「ショーコ」ちゃん、KJ氏もクロマグジャパンライダーとして参加が決まっています。

このミーティングではグリーンピア三木のMTB常設コースを使ってトレイルライドを行うほか、トレイルを使ったゲームや僕ことJinyaの走りを間近でじっくり観ることのできるような内容、クロマグバイクの試乗などを計画しています。決してビデオ内で観られるようなハードで過激で危険(?)な走りばかりではなく、マウンテンバイクに乗ることのできる全ての方に楽しんでいただけるような内容としています。自信がないかも?という方も、女性一人でも気軽にご参加ください。




日時:2011年12月23 日(金・祝) 9:30ごろ集合 (15時ごろ終了解散予定)  【注:期日変更になりました!】
場所:グリーンピア三木内マウンテンバイクコース(兵庫県三木市)
参加条件:本ミーティングの趣旨に賛同いただける健康なマウンテンバイク乗りの女性、男性
*中学生以下の参加には保護者の「同伴」をお願いします
申込締切:12月15日必着 ただし定員に達し次第締切とします 
*安全管理上、定員を設定させていただいています。先着順のほか女性やこうしたミーティングへの参加が困難な方、遠隔地からなどの方を優先する場合があります。予めご了解下さい。
参加費:2500円(保険、コース利用料、ガイド料を含みます 当日徴収いたします)*施設駐車場 昼食は各自でご用意ください)
持参品:マウンテンバイク(基本的に自走の上り下りのあるコースです)、ヘルメット、アイウエア(サングラス)、グローブ、飲み物 その他の装備やプロテクターや防寒着などは必要に応じてご準備ください 昼食(グリーンピア三木内のレストランも利用可能です)
協力:グリーンピア三木、クロマグジャパン、グリーンピア三木ボランティアパトロール 


おかげさまで定員に達しましたので本ミーティングへの参加募集は終了とさせていただきました


皆さんと素敵な時間を過ごせたらと思います。ご都合の付く方は是非!


2011/11/27

Shifted ニュームービー

ピンクバイクでVideo Of the Dayを見事獲得した僕が出演するビデオ、Hardtail Soulを撮影してくれたマットと、別の撮影をし、そのムービーが来春公開予定という内容を以前の記事で触れたと思うのですが、その予告編が出来上がってきました。ピンクバイクの記事はコチラ


僕の出ているセグメントはこの予告編には含まれていませんが、全体の雰囲気が伝わるかと思います。撮影をしてくれたマットですが、現在ピンクバイクで行われているPhoto of the Yearというコンテストに出場中で、見事2回戦突破!総額200万円以上もの賞品がコンテスト参加者に配られるそうです。コンテストはコチラから。来週に試写会が行われるコースタルクルーのムービーといい、このShiftedといい、乗れるライダーが撮った乗りたくなるムービー、楽しみです。

Youtube, Vimeo, Pinkbikeのビデオの合計再生回数が28万を突破しました。このShiftedがさらなる露出を増やしてくれそうな予感です。


2011/11/26

FreeRideNight 終了

多くの熱いMTBerが集まり、素敵な夜が過ごせました。ご来場、ありがとうございます。海外ムービーの試写会はこれまで度々ありましたが、日本人製作、出演ムービーの試写会は少なかったと思います。そうした中であまり知られる機会が少ない僕らフリーライダーの活動を、交流も交えて紹介できたことは非常に有意義だったはずです。この規模のイベントを行うのは容易な事ではないですが、情報発信は絶えず行っていけたら良いなと思っています。



2011/11/24

シクロクロス

先週末に母校の近くで行われた秋が瀬バイクロアというイベントにパンダソニック氏の専属フォトグラファーとして観戦しにいきました。アクセスしやすく、敷居が低い、そして最高の秋晴れも手伝い、大勢の人で賑わっていました。ほとんどを白黒で撮りましたが、その方が辛さが伝わりやすいかと思ってのことです。






どんなバイクでも出れるのが良い所












メインイベント、無制限クラス