2010/11/30

it's my turn!

さてさて、ついに僕のセグメントがアップされました!写真と記事はコチラから!


このビデオを制作するにあたってお世話になったカメラマンのトムとSeasnairesディレクターのセブに感謝です!


2010/11/29

長野トリップ

23〜28日まで長野と伊豆へバイクトリップに行ってきました。その中で23、27日に長野県茅野市でカナダの伝説的ライダー、ポールさんが経営するFreeride Adventuresツアーに参加してきました。最初のツアーへは前日入りしたのですが、道中は土砂降り。ずっと天気は良かったのに〜、と思いながら翌日目を覚ますと、雨はすっかり止んで、晴れ間が見えていました。


今年のロデオサーカスツアーでお世話になったN夫妻Mさん、そして初めてお会いするTさんに僕とポールさんで走ってきました。


勾配のきついところだけシャトルし、残りの緩やかな林道をのんびり走ってトレイルの入り口へ。関東やカナダの山とも異なる笹が群生している景色を楽しみました。


いよいよお待ちかねの下りの始まり

下りはお約束の「楽しすぎて写真無し」です。滑りやすい箇所はありましたが、地形をうまく利用した天然バームは攻め放題。抜群の気持ち良さのトレイルを下ってきました。お昼はポールさん宅で絶品バーガーに舌鼓を打ち、陽気に照らされしばしマッタリ。午後の部はポールさん宅のすぐ裏から延びるトレイルへ。ここはとても緩やかな傾斜の上にくねくねとコーナーが続くコースでした。絶対速度が少ないのでブレーキを使わず、スピードが落ちても漕がずにプッシュプルするだけでまたスピードが稼げる、いわばパンプトラックの様な作りでした。こんなに楽しいトレイルが日本にあったとは!正直、驚きました。


一日中たっぷり走ってこの日は終了。夜はポールさん宅で止まらせて頂き、息子さん達のスピードスケートの練習についていきました。打ちっぱなしのゴルフ場が冬場はアイススケートリンクに変身。この日は初日ということもあり、オリンピック選手数名も招待され、多くのスケーター達で賑わっていました。


翌日はポールさんに地元のトレイルへ連れて行って頂きました。このトレイルを作られた方達の意向を尊守したいのでトレイルについての表記はしませんが、景色、トレイルの質、必要な体力レベルのどれをとってもウィスラーのトレイルにまったく引けを取らないものでした。この日は茅野市内の宿に泊まり、翌日はクロマグジャパン代表の海上さんと会う約束をし、一路松本へ。


松本城にて。バイクがサムライだったらピッタリ?

海上さんと松本城で合流し、午後から地元のトレイルへ連れて行って頂きました。ここのトレイルもまた最高で、ウォータースライダーの様なハーフパイプ状のトレイルが30分程の上りでたっぷり楽しめました。

北アルプスが望めるトレイル

翌日も海上さんに他のトレイルへ連れて行って頂きました。ここもまた極上なトレイルネットワークがあり、一日で全く異なる3本のトレイルを走りました。走りながら何度ウィスラーの友達をここに連れてきたいと思った事か!というよりトレイルそのものをウィスラーに持っていきたいと思う程でした。松本市は一年中湿度が低めの様で、トレイルの質の高さも含めてウィスラーに近い感じがありました。ちなみに地形は平野が山に囲まれているので、カナダで言うとアボツフォードをそのままサイズアップさせてような感じです。

翌日の27日は再び茅野に戻りポールさんのツアーに参加しました。一緒に走ったのはこれまたロデオサーカスツアーでお世話になったTさんと初めましてのMさん。午前の部は1時間程かけて標高2000m付近まで上りました。空気が薄いのと勾配がかなり急なのでとてもキツかったです。下りも急でタイトなため、終止ブレーキをかけっぱなし。久々に腕が上がりそうになりました。

押し上げて標高2000m程まで上ります


23日同様、ポールさん宅で絶品バーガーを頂き、午後は小淵沢の方で走ってきました。ここで走ったトレイルがヤバかった!ブレーキ、ペダリングは一切必要なし、全コーナーにはバームが付き、路面は最高のトラクション。上から下までずっと右に左にくねくねと曲がりつつ直線的に下るこのトレイル、構成がたったこれだけなのでいつの間にか体がそのリズムに慣れ、時間の感覚が全くなくなり、永遠に走っているように感じました。たった10分上ればまたこれが楽しめてしまうので一同、「もう一本!」危うく別世界にトリップしてしまうくらい気持ちよかったです。帰りは温泉に浸かって疲れを取り、Tさんに東京まで送って頂きました。そこで知人宅に泊めてもらい、その翌日の28日に伊豆市修善寺のサイクルスポーツセンターで行われたCovebikeミーティングへ行ってきました。

今話題のEXPASAにて

ここでもこの夏以来のダイキさんに再会できました。50人近くも集まり、午前中はダイキさんのプチスクールがあったので僕はカメラ小僧に。マニュアルフォーカスはまだ慣れません。単焦点レンズだとズームが聞かない分、ピントを合わせるのが難しいですね。お昼はグループに分かれてのBBQ。午後は自由走行会だったので、ジャンプ練習場で遊んできました。強風と一部コースが閉まっていたので一番大きいテーブルトップはお預けでしたが、楽しいジャンプセッションができたと思います。

ダイキさんのプチスクールも開催

ジャンプに必要な踏切の練習

Freeride adventures代表兼CovebikeJapan代表のポールさん

「今日の一枚」


回を重ねるごとに飛べるようになっていったヒロト君

1500円でフレームをゲット

今回の旅にあたり、大勢の方にお世話になりました。僕のできる事は限られていますが、少しでもそのお礼がこれからできたらなと思います。みなさん、素敵な旅をどうもお世話になりました!


2010/11/22

撮影と秋さが

ぽかぽか陽気の神奈川県でこてさんと撮影してきました。僕はセルフ写真撮り、こてさんはGoProによるビデオ撮影。普通に走って2、30分で終わる行程も、僕の撮影がスムースに行かずに4時間近くかかってしまいました。しかも撮影した場所はたったの3カ所、そのうち最後の場所は全く良い写真が撮れず...。非効率の極みですね。ですがビデオよりも写真撮影の方が簡単に行かない分、はまってしまいました。いくつか良いものが撮れたので、そのうちアップします。

そして先週末は秋さが。土曜日はショートXCレースに出場。レースは1周で終ってしまうためミスが許されない中、他のライダーに進路を阻まれ終了。汗をかく前に終ってしまう程の短さですが、久々に喉が切れて咳が止まりませんでした。パンダソニックさんに取材(?)を受けたりと、貴重な体験もできました。






Mr.網タイツ


翌日はクロマグジャパンの出店お手伝いとDHレースがありました。たくさんの方がクロマグに興味を示してくださり、交流もできたかと思っています。それにしてもブログを初め、インターネットの力は凄いですね。
肝心のレースですが、1本目はまずまずのタイム。2本目はバームの上から1m程のドロップを飛び降りるランページラインを走ってみましたが、下からは全く見えない場所だったため、気づいた方はほとんどいなかった様で残念。他のプロクラスのライダーにも続いてもらいたかったですね。BMXや4Xの様なコースレイアウトはまだまだ苦手でした。

3時間エンデューロ




抜群の天気に恵まれた先週ですが、それと引き換えのように今日はドっと雨が降りましたね。明日は長野でポールさんのツアーに参加してきます。天気が回復するといいな〜。


2010/11/18

同窓会

昨日は午前中に三上さん、長野から遊びに来ていたKさんとローカルライダーのIさんの計4人で地元のトレイルを走ってきました。三上さんのFoes、Kさんのクロマグ、IさんのCoveと、なんとも濃いバイクでハイカーの全くいない平日の午前中を堪能しました。いつものトレイルライドには無いペースで上って下り、久々のアドレナリンラッシュを感じられました。2本下った後、三上さんとKさんは用事で帰宅。残った僕とIさんでもう一本。ライダーのテクニックからバイクまで全てカナダ仕様のIさん、是非カナダで一緒にライドに行けたらいいな!


その日の夜は大学の研究室仲間と飲みに行ってきました。今回は用事等で2人参加できませんでしたが、皆就職氷河期にも関わらず就職先も決まり、お互い良い報告ができました。来年3月には卒業旅行でカナダに来るかも?ということで、その日が今から楽しみです。

今日は撮影用に買ったリモコンがうまく作動するか確認しに行ってきました。カメラを設置し、ハンドルにタイラップでリモコンを固定するだけで後はここだと思う場所でボタンを押してシャッターを切るだけなんですが、実際に作動させてみて問題点が発覚。リモコンは形状上ハンドルと平行に取り付けたのですが、これでは赤外線がハンドルに遮られてカメラが反応せず...。カメラに向かって行く場合はこのような現象が起きました。逆にカメラから遠ざかっていく場合はハンドルには遮られないのでシャッターは切れました。設定はオートフォーカス以外は全部マニュアルで設定していますが、カメラ自体から遠く離れた場所での撮影で常に確認もできないので良い画が撮れるのは相当難しいかと。自分を撮るのをメインで買ったカメラなので、納得できるまで自分撮りを追求していきますが、これはビデオの自分撮りよりも難しくなりそうな予感がしてます。


左手でシャッターを切っているのがわかりますね
いまいちピントが合っていませんが



50mm f1.8単焦点は値段からは考えられないほど良い画が撮れますね

2010/11/15

一週間経ちました

帰国してから一週間が経ちました。日本食がおいしすぎて、早くもお肉が付いてきましたが、ライドはかかさず行っています。帰国してまず最初に行ったのはもちろんこちら、サイクルハウス三上です。店長の三上さんには僕が中学生のときからお世話になっています。前回会ってから半年しか経っていませんが、カナダでの出来事をたっぷり報告してきました。

先週金曜は大学時代に知り合った友達と久々の再会。当時は留学生だった彼らも今や日本で社会人になり、逞しく生きています。彼らと会う前にお邪魔したのが小川輪業guava-jelly。小川さんとは来年カナダでお会いする事を(勝手に?)約束してきました。そしてguava-jelly店長の朝野さんにもカナダ滞在の報告をしてきました。

翌日の土曜は地元のお気に入りトレイルを2周。固く締まった滑りやすい粘土質の土質に、バンクの一切付いていないコーナー、これが日本特有の難しさですね。途中で撮影スポットを発見。そのうち撮影に行きたいですね。

昨日は相模湖プレジャーフォレストにて来る20、21日のFRGイベント用コース整備兼ライドしてきました。前日にNakazawa Gymの中沢さんに「明日はMTBツーリングはありますか?」と聞いたところ、「明日は相模湖のコース整備で25人くらい来る予定」とのお返事。これは楽しくなる事間違い無しということで行って来ました。最初はトレイル拡張を行い、25人以上での集中作業によりあっという間にトレイルが広く綺麗に!。その後はご褒美のライド。山の頂上付近から始まるご機嫌なトレイルラインを自走で上って計3本、後はフリフリDHコースで楽しんできました。大勢の方とのライドはいつも楽しい事ばかりです。皆さん、お世話になりました。詳細はNakazawa Gymのブログでチェックしてくださいね!

紅葉の色づく相模湖

総勢25人+でメンテナンス&ライド

遂に手を出してしまった一眼カメラ。写真はカメラ自体ではなく腕と目だと周りから言われていましたが、やっぱり一眼特有の描写力に負けました。カメラ本体は中古の50dで、レンズは単焦点50mm f1.8。昔、親が使っていたカメラをひっぱり出したらレンズが2〜3本出て来て、その中の15年も前のズームレンズが使える事が判明!いきなり2レンズ体制になりました。
あくまで自分のライディング姿を撮りたいので、ワイヤレスリモコンも購入。これでリモコンをハンドルに取り付けてセルフアクションポートレイトが行えます。今日はカメラ片手に裏山に散歩に行きましたが、描写力に脱帽。これから腕を磨いていくので期待していてくださいね!

カメラがあると外に出たくなりますね

今週、来週もライドの予定がいっぱい詰まっていて嬉しい限りです。良い天気がいつまで保ってくれるかが気がかりですね。


2010/11/10

帰国しました

あまり告知していませんでしたが、昨日日本に帰国しました。滞在期間はまだはっきりしていませんが1ヶ月半位になると思います。短い期間ではありますが、できるだけ積極的にあちこち顔を出せたらなと思っています。とりあえず、21、22日のFRGゲームスに行く予定です。


2010/11/08

フライデーライド@ノースショア

帰国を明日に控え、しばらくは最後となるカナダからのアップです。内容はもちろんフライデーライド。前日、前々日まで快晴だったものの、当日になり雨が降り出すなんとも残念な天気。それにも関わらず開催地がノースショアという事もあってか、なんと21人も集まりました。その顔ぶれといったら何とも豪華で、おなじみのクロマグメンバーはもちろん、カナダXCレジェンドのアンドレアス ヘスラー、FRレジェンドのリッチー シュレイとウェイド シモンズ、そしてバンクーバー五輪女子スキークロスゴールドメダリストのアシュリー マッカイバー。NRGというクロマグのディストリビューターで働くスティーブの家でランチを食べ、ノースショアの真ん中の山、Mt.フロムへ向かいました。

スティーブがパーツを集めて作ったエイリアン

そしてこれが彼のミュージアム

道路を占領して一路ノースショアへ

トレイルへ向かう途中に小学校の校庭を通り抜けたら、休み時間中に遊んでいた子供達から拍手や声援をもらいました。それはもう有名なポップスターが来校した様な雰囲気で、中には走って僕らを追いかける子も。金曜日は子供ですら学校へ行く日でしたね。それを大の大人、しかも21人が自転車で遊んでいるなんて。

ちょっとしたイベント並みの人数

霧に包まれた幻想的なノースショアの森で、大きな子供達の奇声がこだましてました。ライドは晴れに限るけど、ここノースショアはやはり雨が似合います。



上りはこれだけの人数がいても相変わらずビリで、すぐに皆が霧の中へ消えていってしまう始末。それでも頑張って上り、下りはふかふかの路面をガンガン攻めてきました。スキーはやらないけど、きっとパウダースノーはあんな感じなんだろうと体感。この日一番頑張っていたのは間違いなくアシュリーでしょう。上りは僕なんかがついていける訳も無く、下りもXCバイクのポジションでトライするのをためらう程のテクニカルセクションも躊躇する事無く挑んでいました。この日のライドが帰国前の最後となりましたが、間違いなく今までで最高のライドの一つとなりました。これもクロマグを初め、すばらしい友達のおかげです。

ゴールドメダルを持参して、ふざけてみせるお茶目なアシュリー



さて、これからバンクーバーへ下りて一泊し、8日にカナダを発ちます。日本にどれだけいるかはまだ未定ですが、一番のトレイルシーズンだと思うので楽しみです。時間のある方は遊んでやってください。


2010/11/05

NSMB

Seasonairesの第1作目が公開されましたね。このシリーズは全部で5作、毎週アップロードされていきます。

さて、先日アップしたビデオですが、誰かがNSMBにアップしてくれました。こうして少しずつですが人の目に届いていくのは嬉しい事ですね。作り甲斐があります。

あ、そうそう、もしかしたら8日に帰国するかもです、まだわかりませんが...