2010/06/09

ネット復活

ネットがつながらずアップしたかった記事も月曜の夜になってやっと書けるようになりました。ということでまずは木曜日のXCレースから。

この日のコースはバイクパークを上って下るもの。シーズンパスはゲットしたものの、なんだかんだでこの日が初パークライド。せめてリフト使いたかったなぁ。スタート直後からかなりきつい上りだけど思った以上にプッシュできたので、プッシュしすぎたら500mもしないうちにまわりにごぼう抜かれされました。そこから下りだけ頑張るようにして、40分、80位台でフィニッシュ。それにしてもパークの路面はカチカチ、ぼこぼこで、よくここを去年400本近くも走ったなと自分でも驚きました。アプレはゴルフクラブで行われ、おいしいビールとラザニアが振る舞われました。ちなみにこの日集まったライダー数は340人!





木曜日の翌日は金曜日、フライデーライドの日です。この日はウィスラーから北へ30kmほど行ったペンバートンにあるケビンの家からスタート。目的地は山のてっぺんからスタートするトレイル、グラバトロン。とにかく急で、ひたすら滑り落ちて行くことしかできないトレイル。去年一回行ったきりなのでまたこうして行けるのは楽しみだったけど、その前に地獄の上りが...。まずはシングルトラック、次はジープロードを延々と上り、もうだいぶ上ったでしょ!という所からさらにシングルトラックで頂上を目指します。この途中のジープロードでは調子が良くて珍しくイアンにくっついて先頭で上って行けましたが、ここでの頑張りが後に悲劇に。いよいよ下り始めるも、一切手の抜けないトレイル。クロマグクルーでさえ押して下りる所もちらほら。そんななか、足を二回着いただけで無事下りきれました。それにしても手があっという間にあがってしまい、中学生のときぶりに2本指でのブレーキで下ってきました。このトレイルから続く次のダウンヒルトレイルで両太ももがつり、しばらく動けなくなりました。上りで足を痛めつけ、下りは同じポジションのままでいる時間が長いので足がつりやすいんですね。こんなことは普段はもちろん無く、このトレイルならではの体験でした。

唯一の女性参加者、ファニ(一番左の水色)は頂上まで上るも仕事に呼ばれて
ジープロードを下って帰って行きました。上りは僕より全然速いです。

カナダに10本しか無いCove G-spotに乗るトーマスとその後ろにジュリアン

ファーストジャパニーズでさえこの表情



一番急なセクション




金曜日のライドに来ていた辻さんと一緒にバンクーバーまで下り、土曜日は東へ1時間ほど行ったアボツフォードという町に住むケンさん家でBBQライドに行ってきました。一本目のトレイルにある背丈ほどのドロップを飛んだらリアディレイラーが後輪に絡んで大破。一度ケンさん家に戻りディレイラーを借り、再びライドへ。このライドで久々のジャンプやドロップの動きに慣れることができ、いい準備運動になりました。ライド後はBBQをたくさんいただきエネルギー満タン。ケンさん、いつもいつもありがとうございます!ちゃんとアップしましたよ!





土曜の夜は辻さんの家に泊めてもらい、日曜にウィスラーに帰ってきました。夕方前に着いたので、前からチェックしに行きたかったスポットへ。それがこちら↓

5m×8mくらい

去年にはもう完成していて、ついこの間にやっとファーストトライをしたライダーがいるそうで、彼はローカルトップレベル。そんな彼でもスピードが足らずに後輪を引っ掛けて転倒したそうです。似たようなサイズのステップダウンで練習するしかないな〜

遠い...でも不思議と上から見ると飛べそうな気がする


1 件のコメント:

  1. サイトーケン2010年6月11日 12:52

    お疲れさまでした。どーもワッキーにはトラブル続きのアボツフォードですが、これに懲りずまた遊びに来て下さい。僕も一度フライデーライドに参加してみたいのですが、、、。

    返信削除