2010/02/18

再挑戦

滞在日数が残り2週間となりましたが…まだまだ出していきますよ~ってことでコチラ↓

3,4mの助走でこれだけのスピードがつくので、いかに助走区間が急であるかが分かると思います。

先日やっつけたドロップに再度挑戦してきました。本当はカメラマンの友達に撮ってもらうはずだったけど、予想通りドタキャン。天気は10度もあって最高の自転車日和なので、何かしないともったいない。なので本当は二人で行くはずだったドロップに行ってきました。カメラをセットして、精神統一をしていると、たまたまライダーが通りかかりました。彼とはこの前も同じ場所で会って、結局僕は挑戦できませんでした。

「お~、ドロップ飛んだのか?」
「そうだよ、この前に一回だけね。そうだ、時間あったら10分でいいからそこで立って見ててくれない?」

こんな会話を交わして、彼には万が一のことも考えてそばにいてもらうことになりました。本当は飛ぶ前は完全にポジティブ思考に切り替えたいところですが、一人でやるにはリスクが大きすぎる。それでこのような流れになったわけです。誰かに観ててもらったほうが頑張ろうっていう気にもなれますし。
前回の反省を踏まえて若干ブレーキ開放のタイミングを遅らせて飛んだらノーズダイブ気味に!前に投げ出されるかなと思ったらむしろ前回以上にスムースに着地できました。高さが高さなだけに当然ですが、前回はほんのわずか前輪が着地するタイミングが遅れて結構な衝撃を受けました。

両隣の町で世界の国々が熱く戦っている中、雪とは無縁のここスコーミッシュで僕も自分自身の限界と戦っています。


右が前輪、左が後輪の着地場所、超ギリギリ~

今回はどこにも突っ込むことなくストップ

タイラーから安く譲り受けたネックブレース、サイズ調整する部品がタイラーのサイズなので、
細い僕にはブカブカ。付けられないし、他に使い道が無いかと考えてたら…思いつきました。
木に着けて三脚代わりにしようと!結局、ドロップは成功しましたが、こんなことをしたら
バチが当たりますね。これも自分撮りならではの苦労!?


0 件のコメント:

コメントを投稿