2010/02/11

強敵発見?

関東では雪が積もっているようで、雪に埋もれているイメージのあるこちらは反対に雪とは無縁のバイクライフを送っているわけで。特に昨日のウィスラーはTシャツで外を歩けるほど暖かく、まるで夏のようでした。雪は山のふもとには無く、山の上がちょっと白くなっているくらい。あと3,4日でオリンピック始まるっていうのに…。でも、どうやらスキー場は雪はたっぷりあるみたいなので一安心。クロマグのあるファンクションジャンクションという工業地帯のフリーウェイを挟んだ向かいには選手村があり、仕事中に外を眺めると選手達がジョギングをしていました。僕は特にチケットを持っていないので、何かを観るわけじゃないですが、オリンピックがどういうものなのかはせめて肌で触れに行こうと思ってます。

で、今日は天気予報では雨でしたが小雨程度に落ち着いてくれたので走ってきました。本当は友達と走る予定でしたが、早起きしたにも関わらず1時間待たされた挙句、「寝坊した」とのことで結局一人で走ってきました。ま、彼はDHバイクしか持っていないので、どこへ行くにも上らないと下れないスコーミッシュでは足手まといになるんでちょうど良かったかな。また彼とは別の機会にでも。最近はスタントよりもトレイルライドにはまっているので、地図を眺めながらまだ走ったことのない“mark my word”と“boader patrol”に決定。前者はダブル、後者はシングルのブラックダイアモンドです。特に前者はロックフェースが多く、とても流れが気持ちよかったです。お気に入りに追加っと。そんなイイ感じで下っていて危うく見逃しそうになりました。大きな岩がそこら中にあって、「ドロップいくらでも作れそうだなぁ」なんて思った瞬間、目に飛び込んできたのは不自然に綺麗な土の斜面。上を見上げると…

この位置からだと距離と高さが同じ比率に
見えますが、実際には高さ5m、距離3mくらいです

最高に美しいカーブ。ここだけでどうにか遊べないものかな

テイクオフは若干上向き

テイクオフとランディングが同一直線上に無く、
若干左曲がりに落ちる必要あり

いいの、見つけちゃいました。今日は一人で、このトレイルが山のど真ん中にあるということもあり挑戦していません。ちょっとリスクが大きいサイズなので別日に誰かと来た時にでもやろうと思っています。

boarder patrolの岩尾根

boarder patrolは短い急な上り下りが続くトレイルでした。そこそこ楽しめるくらいかな程度で、とりあえず一度は走ったのでここはもういいかな。

25kmも下りが続いてくれたらなぁ。実際には25m程度でしたが。

これでほぼ全部のエリアを走ったことになります。
ちなみに★は大き目のスタントのある場所

今週末はCoastal crewのいるサンシャインコースとに行く予定です。彼らはカナダでもかなりの注目を浴びているライダー・ビルダー・ムービーエディター達です。彼らの作ったトレイルはKrankedの最新作の最後のパートに出てきますね。あのX状に交差したウォールライドやれるかなぁ…


1 件のコメント:

  1. これまたスゴイ大きさで・・・サンシャインコーストのX型ウォールともども、オリンピックに負けない熱い動画楽しみにしてます!

    返信削除