2010/02/27

あと5日

先週末のフォトセッション以来、仕事が毎日入って気づいたらカナダ滞在の最後の週末。あいにく天気はずっと雨で、どうやら乗る機会はもう無さそうです。ホイールも新しく組みなおしたし、フォークもオーバーホールされた(本来150mmストロークがエアピストン不調で130mmに…)ので、人間・バイクとも元気に帰国できそうで良かったです。

昨日はクロマグでの仕事最終日。一連の仕事内容が身についたこともあって、より一層去るのが寂しく感じました。何より自転車に囲まれたショップにいるのが一番幸せな時間だったなぁ。これも全て僕を拾ってくれたイアンのおかげです。彼には頭が上がらないほどお世話になり、そしてエンジニア・デザイナーとしても勉強させてもらいました。まだここでは発表していませんでしたが、夏前にはまたウィスラーに戻ってくる予定です。なので帰国後の僕の使命は、たくさんのイベントに参加して、たくさんの人と交流してカナダで学んできたことをシェアすることです。そしてその中でクロマグの素晴らしさを伝えて行きたいです。そう思うと早く帰りたい気分になってきました。週末はスコーミッシュでのんびりした後、バンクーバーへ下ります。

仕事の後はウィスラービレッジで友達数人と会ってきました。彼らは自分と同じ世代の、自転車業界で生きていくことを目標に頑張っている友達です。同じ目標を持ち、お互いを刺激しあえる仲間以上に必要なものは無いので、彼らとまた会うというのもカナダ再訪の大きな理由でもあります。さらにもう一つの理由として…フレームをオーダーしてきました。これも、送ってもらうんじゃなく自分がカナダに行って、そこで組んで乗るということです。どんなフレーム(バイク)になるかは追々報告していこうと思います。


無料のコンサート会場は連日有名アーティストが訪れて、大賑い…だったそうです。
結局オリンピックらしいことは何もしなかったな…


2010/02/22

また…

10日後に帰国が迫っている中、またリアホイールを潰しました…。9ヶ月で4本潰してます。消費早いなぁ。フロントは曲がっているけど大丈夫なんですが。

今日も晴天に恵まれ、カメラマンの友達とフォトセッションをしてきました。行き先は先日にもアップしたドロップ。まず一本目は写真、これはまたスピードが足りずギリギリでしたがうまく着地に成功、かっこいい写真が撮れました。二本目は動画を撮ってもらいました。ここで一本目の反省を踏まえて進入ラインを変更、より直線的に、しかし荒れている方を選んでみました。これが失敗。路面が予想以上にガタガタで、それに気をとられて飛び出しがあまり上手くいきませんでした。で、どうなるかというとスピード不足でリアタイヤがランディングに引っかかりました。着地地点は10cm程くぼんでいました。かといって前に投げ飛ばされることも無く、特にどこかをぶつけるわけでもなく着地できたんですが…。まぁ、あの高さとスピードからするとよくグシャグシャにならずに済んだものです。2本のスポークの首が折れてチューブにささりパンク、リムは横方向にちょっと曲がったくらいで曲げ直せせばまた使えるかもしれません。あ~、このあとは一昨日やっつけたウォールライドで撮影するはずだったんですが、ここで終了。2本も飛んで怪我無く終われただけで満足しておきます。

写真はそのうち彼からもらえるはずなので、後日アップ予定です。


2010/02/20

off the wall

今日もTシャツ一枚で十分なくらい暑い日でした。10度で暑いと言うのは温度に鈍感になったということなのでしょうか?そんな最高の天気に感謝しつつ、もちろん走ってきました。今日は金曜日だけど人が集まらなくてフライデーライドは無し。そういえばいつものダートジャンプトレイルにまだやってないスタントがあったなぁ…、今日出来るかな?なんていうノリで見に行ったのはコチラ。



滞空中の姿勢がどうなるかがあまりイメージが湧かずやるかやらないかで迷いましたが、せっかくランディングも掘り返して綺麗に&柔らかくしたことだし、ラダーが完璧に乾いている状態は今しかないということで挑戦してみました。
で、感想は「思ったよりも簡単」。ラダーに横向きながら乗っている時間が長いのでそこは少し怖かったですが、一番懸念していた空中姿勢も特に何かするわけでなく自然と地面と垂直に向きが変わっていきました。本当は空中でもっと身体をバイクの中心に置けばかっこよく見えるので、そこは次の課題とします。

よしよし、これでスコーミッシュにあるスタントでまだ挑戦していないのが2つだけになったぞ~。




2010/02/18

再挑戦

滞在日数が残り2週間となりましたが…まだまだ出していきますよ~ってことでコチラ↓

3,4mの助走でこれだけのスピードがつくので、いかに助走区間が急であるかが分かると思います。

先日やっつけたドロップに再度挑戦してきました。本当はカメラマンの友達に撮ってもらうはずだったけど、予想通りドタキャン。天気は10度もあって最高の自転車日和なので、何かしないともったいない。なので本当は二人で行くはずだったドロップに行ってきました。カメラをセットして、精神統一をしていると、たまたまライダーが通りかかりました。彼とはこの前も同じ場所で会って、結局僕は挑戦できませんでした。

「お~、ドロップ飛んだのか?」
「そうだよ、この前に一回だけね。そうだ、時間あったら10分でいいからそこで立って見ててくれない?」

こんな会話を交わして、彼には万が一のことも考えてそばにいてもらうことになりました。本当は飛ぶ前は完全にポジティブ思考に切り替えたいところですが、一人でやるにはリスクが大きすぎる。それでこのような流れになったわけです。誰かに観ててもらったほうが頑張ろうっていう気にもなれますし。
前回の反省を踏まえて若干ブレーキ開放のタイミングを遅らせて飛んだらノーズダイブ気味に!前に投げ出されるかなと思ったらむしろ前回以上にスムースに着地できました。高さが高さなだけに当然ですが、前回はほんのわずか前輪が着地するタイミングが遅れて結構な衝撃を受けました。

両隣の町で世界の国々が熱く戦っている中、雪とは無縁のここスコーミッシュで僕も自分自身の限界と戦っています。


右が前輪、左が後輪の着地場所、超ギリギリ~

今回はどこにも突っ込むことなくストップ

タイラーから安く譲り受けたネックブレース、サイズ調整する部品がタイラーのサイズなので、
細い僕にはブカブカ。付けられないし、他に使い道が無いかと考えてたら…思いつきました。
木に着けて三脚代わりにしようと!結局、ドロップは成功しましたが、こんなことをしたら
バチが当たりますね。これも自分撮りならではの苦労!?


2010/02/16

再編集

昨日アップしたビデオ、やっぱり気に入らなかったんで編集しなおしました。新しいほうが短いですが音楽と僕の身体の動きがあってると思います。



2010/02/15

Happy Valentine's day!

今日はバレンタインデーなので、チョコの代わりに泥を喰らってきました。
ここはRoller coasterというトレイルで、上から下まで気持ちいいバームが続きます。


音楽がちょっと合ってないのが残念。前回のビデオと比べると、まぁまぁの出来かな。

ルームメートがオリンピックの余ってるチケットをくれそうです。XCスキーかボブスレーのどっちかになるみたいです。楽しみ~



2010/02/13

スタッフミーティング

オリンピック、開幕しましたね。さっきテレビをつけたら開会式が流れてました。これでもかというほどの観光バスがそこらじゅうを走り回ったり3秒に1度は警察を見たりと慌しくなってきてますが、始まった以上、成功に終わることを願っています。

で、そんな冬季オリンピックを感じさせない緑と茶色の山でイアンと走ってきました。雨だったのと、二人だけだったので、気楽にのんびり走ってきました。もちろん下りは二人とも全開でしたが。上ってる最中は写真やビデオ編集、そして新しいパーツやフレームについて色々と語り合ってきました。実は僕も新しいフレームを検討中で、180mmのフォークと12mmのMaxle仕様のリアエンドの装着を前提にしたものです。究極のDH/FR用ハードテールといったところでしょうか。ジオメトリーや使うパイプも既存のモデルとは異なる箇所が多いので、ほぼフルカスタムメイドになると思います。いつになるかは全く分かりませんが…。今のGypsyじゃダメなのかと言ったらそうでは全く無く、むしろ大切にずっと乗っていきたいので、使う頻度を減らしてXC用に組みなおすっていうのが目的です。

今日のライドでクロマグの現場主義のモノつくりを再確認しました。自転車を作るなら、まず自転車に乗らないと、というのが基本です。アイデアをライドで得て初めて机に向かって具体化していくんです。最初から机に座ったって、ありきたりなアイデアしか生まれてこないはず。例えば今日も、休憩中にワイヤー類のタブはOOに付けたらもっと見た目がスッキリするよねって話してたら、確かにそうだね、じゃあ今度のプロトはそうしてみよう、なんていう風に話が進んでいきました。そしてそのフレームが出来上がったら乗り倒して確かめる。新製品が誕生したわけでは無いですが、こうして少しずつマイナーチェンジをしてより良いモノを作って行く。この繰り返しの中でノウハウを学び、経験を得て、今があるんだと思います。ここがクロマグのいい所だと僕は思いますね。

降り続いてる雨のせいで、サンシャインコースとはお預け。来週末辺りを狙っていますが、帰国前に行けるかなぁ?


2010/02/11

強敵発見?

関東では雪が積もっているようで、雪に埋もれているイメージのあるこちらは反対に雪とは無縁のバイクライフを送っているわけで。特に昨日のウィスラーはTシャツで外を歩けるほど暖かく、まるで夏のようでした。雪は山のふもとには無く、山の上がちょっと白くなっているくらい。あと3,4日でオリンピック始まるっていうのに…。でも、どうやらスキー場は雪はたっぷりあるみたいなので一安心。クロマグのあるファンクションジャンクションという工業地帯のフリーウェイを挟んだ向かいには選手村があり、仕事中に外を眺めると選手達がジョギングをしていました。僕は特にチケットを持っていないので、何かを観るわけじゃないですが、オリンピックがどういうものなのかはせめて肌で触れに行こうと思ってます。

で、今日は天気予報では雨でしたが小雨程度に落ち着いてくれたので走ってきました。本当は友達と走る予定でしたが、早起きしたにも関わらず1時間待たされた挙句、「寝坊した」とのことで結局一人で走ってきました。ま、彼はDHバイクしか持っていないので、どこへ行くにも上らないと下れないスコーミッシュでは足手まといになるんでちょうど良かったかな。また彼とは別の機会にでも。最近はスタントよりもトレイルライドにはまっているので、地図を眺めながらまだ走ったことのない“mark my word”と“boader patrol”に決定。前者はダブル、後者はシングルのブラックダイアモンドです。特に前者はロックフェースが多く、とても流れが気持ちよかったです。お気に入りに追加っと。そんなイイ感じで下っていて危うく見逃しそうになりました。大きな岩がそこら中にあって、「ドロップいくらでも作れそうだなぁ」なんて思った瞬間、目に飛び込んできたのは不自然に綺麗な土の斜面。上を見上げると…

この位置からだと距離と高さが同じ比率に
見えますが、実際には高さ5m、距離3mくらいです

最高に美しいカーブ。ここだけでどうにか遊べないものかな

テイクオフは若干上向き

テイクオフとランディングが同一直線上に無く、
若干左曲がりに落ちる必要あり

いいの、見つけちゃいました。今日は一人で、このトレイルが山のど真ん中にあるということもあり挑戦していません。ちょっとリスクが大きいサイズなので別日に誰かと来た時にでもやろうと思っています。

boarder patrolの岩尾根

boarder patrolは短い急な上り下りが続くトレイルでした。そこそこ楽しめるくらいかな程度で、とりあえず一度は走ったのでここはもういいかな。

25kmも下りが続いてくれたらなぁ。実際には25m程度でしたが。

これでほぼ全部のエリアを走ったことになります。
ちなみに★は大き目のスタントのある場所

今週末はCoastal crewのいるサンシャインコースとに行く予定です。彼らはカナダでもかなりの注目を浴びているライダー・ビルダー・ムービーエディター達です。彼らの作ったトレイルはKrankedの最新作の最後のパートに出てきますね。あのX状に交差したウォールライドやれるかなぁ…


2010/02/08

イベントフル

木曜は聖火リレー隊がスコーミッシュにやってきました!運動公園の一角で盛大に聖火の歓迎パーティーが行われたので、見に行ってきました。

会場設営中

聖火リレー隊

盛り上がりが伝わりますか?

聖火

最後は「O Canada(国歌)」斉唱

寒空の中、大勢の人が聖火を見に集まり、スコーミッシュでこれだけの人の数を見たのは初めてです。DJやMCのマイクパフォーマンスで会場は大盛り上がり。地元の人のオリンピックへの情熱をここに来て初めて知ることが出来ました。開催まであと5日!

金曜は2010年最初のフライデーライド。小雨のぱらつくスコーミッシュで走ってきました。冬中乗っていたから、皆にちょっとはいい所を見せれるかなと思ったら…トレイルまでのアプローチで必死に皆を追っかけている自分がいました。ま、彼らは10年以上継続して乗ってきてるので脚が出来上がってて、僕のはまだまだってことですね。

橋が無いなら自分達で架ける

今年のフライデーライドもアドベンチャーいっぱいになりそうです

対岸に別のトレイルがあり、そこへの移動中に撮ったのが上の2枚。石や倒木をうまく利用して脚を濡らさずに川を何度も渡って下流を目指しましたが、最後はあきらめて膝丈まで足を濡らさない限り渡れなくなる羽目に。冷たかったぁ!



土曜の夜は、ローカルライダーが撮影したムービーの試写会が大学の食堂で行われたので見に行ってきました。ムービーのタイトルは「203」、撮影場所はスコーミッシュ、ウィスラー、ノルウェイそしてスウェーデンです。出演しているライダーは全て地元の人間なのでアットホームな雰囲気の中、笑いあり、歓声ありと、終始にぎやかな試写会でした。

日曜は昨夜の試写会で会った友達と走りに行くはずでしたが、あいにくの朝からの雨。結局ライドは延期になったので雨のあがった午後から一人で走ってきました。今日は最近のお気に入りの、と~っても緩やかな下りに作られたトレイルで一人撮影会をしてきました。このトレイルは斜度がほとんどないので、常に脚を回していないとスピードの維持が難しく、雨で緩んだコンディションではなおさら大変でした。スタントは皆無の、レベルを問わない易しいトレイルですが速く走ろうとするのが難しいのはどこでも一緒。全然スピード感が無いけど、たまにはXCっぽいライディングムービーも新鮮なんじゃないかな?


なんだかんだで、滞在日数は残り30日を切ってしまいました。分かってはいたけどあっという間ですね。とりあえず、悔いの残らないように過ごして行きたいです。


2010/02/04

gallery

「画」は「語る」






















「ここはこうしたほうがいい」などのアドバイスがあるかも知れませんが、どの写真も意図的に編集したものなので、これはこれで僕のイメージを汲み取ってもらえたら幸いです。