2010/01/23

自転車日和!

数年振りの日本凱旋から帰ってきた辻さんと一緒に2010年初ライドに行ってきました。天気予報通り、雨の気配の全くない晴れ!積もりに積もった話をしながら、スタントをメインに色々と回ってきました。

久々のレッドブルで気合UP!

小さめのギャップジャンプで足慣らし
rider: Yossy-T

お次は少し大きめのギャップジャンプ(5m、5m、3m)の続くトレイルへ。
ここはクリアカット(伐採で開けている土地)なので開放感抜群!

乗ったら即滑ってアウトな木製バーム

身体をたっぷりと馴染ませ向かった先はこのブログでもうお馴染み!?なGrin n' Holler。先日、僕がリムを割ったトレイルですね。辻さんは一つ目のギャップジャンプへの挑戦、僕は二つ目のギャップジャンプで安定感を増やす(少なくともリムを割らない!)、というのが今日の目的。

一つ目はもう何度も飛んでいるので、多少のスタイル出しは問題なし
rider: Jinya

横からはこんな感じ。少し踏み切るだけでランディングの
ラダー真ん中くらいまでなら軽く届きます

その証拠がこちら↑30分後にリベンジ成功!
rider: Yossy-T

三脚は使っていませんが、カメラを木に押し付けて固定したので、シーケンス写真がうまく出来ました。空中での動作はもちろん、どこからどこまで飛んだかがわかるので、良い手段だと思います。(辻さん、先に使わせてもらいました…)

ここが僕のメインのギャップジャンプ。今日は写真撮影も併せて、全部で5,6回飛びましたが距離が足りないということは一度も無し!むしろオーバーシュート(飛びすぎ)するくらいでした。これでもうこのギャップは僕のものかな?

カメラ目線! rider: Jinya


完全に日が暮れるまでは少し時間があったので、辻さんを例のドロップへ案内しました。二人で日が暮れるまで出来る出来ない等とあーだこーだ言いながらこの日は終了。トライはしなかったですが、あのでかいギャップジャンプを飛んだ後だったので、さらに小さく見えました。後は進入を他のドロップで慣らすのみ!

ここでシーケンス写真作ったら、かなり画になりますね~。そのライダーになりたい…


0 件のコメント:

コメントを投稿