2009/12/24

前“仁”未到

今日は晴れ間は見えないものの、なんとか持ちこたえて曇りでした。前夜に雨が降ってたみたいで、朝は道路が濡れていましたが、まぁ森の中はそんなに変わらないだろうと。

さて、今日の行き先は、昨日見つけたスタントのあるエリア。2ヶ月ぶりにフルフェイスとゴーグルを引っ張り出し、出発。昨日見つけたもの以外に何か良さそうなのが無いかと探索していると…、あったあった!

前輪の先端からランディングが始まる。3.5×3.5mくらい

これも3年前の辻さんのツアーで走ったときに見かけたやつだなぁ。あの時はものすごく大きく見えたけど、果たして今はどうだろう、と思いながら近づいていくと、サイズ的には「おっ、もしかしたらイケる!?」 ただここで問題が。写真の通り、ラダーからのドロップなのですが、そのラダーが見事に濡れ、コケまで生えているのです。つまり、助走が上手くいかず、やっぱ止めた!としたくても最悪滑って止まりきらずに落下なんてことが起こり得るのです。また、少しでも傾いた状態で踏み切ろうものなら…考えただけでゾッとします。

歩くのもやっとなツルツルっぷり

「そこ」まで届けば良いんだよなぁ…

このドロップはランディングまで若干距離のある、踏み切ってやらないと届かない系。ただ腰を引いて落ちるだけでは上の写真のように谷間に転落します。あまりこの手のドロップは経験が少なく、しかも今までで一番大きいサイズ、おまけに助走区間は最悪なコンディション…30秒ほど迷いましたが、いつかはやらないと先には進めません。それが今なのか未来なのかなだけの話。それにスタントはしばらくやっていなかったのでウズウズしていたこともあって、決行いたしました!今思うと、もう少し小さいのから身体を慣らしておくのが賢明だったとは思います。

ドロップし終わると、トレイルに合流します。今はメンテ中で走行不可~

まず一本目。一度だけゆっくりラダー先端まで乗って下見をします。「本当にやるのか?」などとここまで来ても迷っている自分がいましたが、次の瞬間にはもう引き返せないところまで来てしまっていました。そして…↓

横から(一本目)、自分的には95点。あともう少しスピードを出せれば距離が出せました。

一度飛んでしまうと、もうこっちのもんです。後は助走を気をつけるだけ。二本目は若干空中でバイクを倒す余裕まで生まれました。ほんの少しですけど。ちなみに、ビデオには写っていませんが、二本目が成功したのは三度目の助走後でした。最初の助走ではカーブで後輪がスリップ、ラダー左側に吸い寄せられ、落下を覚悟も何とかラダーの真ん中まで戻りましたが、今後はスピードが付きすぎていて、先端からの落下を覚悟。ギリギリで落下は免れました。次の助走ではスピードが乗らず、確実に谷間転落コース。それでも下手にブレーキがかけられないので、ゆっくり減速していき、これもギリギリでストップ。

前から(二本目)

三本目、相変わらずラダーの恐怖感は消えませんが、飛び出してしまえばなんとかはなります。助走は上手くいき、後は飛び出すだけ…ランディングをしっかり見つめてはいるものの、身体がどんどん前方へつんのめっていきます。やっちゃいました、ノーズダイブ。踏切がしっかり出来ていなかったんですね~。幸い、スピードが足りていたので谷間転落には至りませんでしたが、怖かったぁ~!

後から(三本目)、思いっきり前輪から着地しています

ドロップでも、ジャンプでも、200kmレースでも、要は「そこ」まで届けばいいんです。ただ、、「そこ」に到達するまでの過程が一筋縄ではいかないんですよね。あれこれゴタクを並べてしまって、もう少し思い切りが良ければなぁなんて思ったりして。今日はそれが上手く行った日でした。怪我しなくて良かった!!

<オマケ> ライダー目線はこんな感じです。ヘルメットカメラあるといいかもな…


6 件のコメント:

  1. You have balls!ってこういう時に使うんでしょうね。
    いやー、息詰まる緊張感で、見ごたえありました。

    相変わらず危機回避も見事ですねぇ。
    自分だったら転落モノだなとラダー上の動画を見て思いました。

    ちなみにトレインレックのドロップも規模的にはこれと同じくらいでしょうか?

    返信削除
  2. >亮太さん

    いつもいつも、コメントありがとうございます!ほんとは乾くまで待ったほうが良かったのでしょうけど、我慢できませんでした(笑)

    トレインレックのとは似たサイズですが、高さは確実にこちらのほうがありますし、ランディングも寝ています。距離はほとんど同じですかね。トレインレックのラダーは下方向に斜面になっているのでスピードをつけてしっかり踏み切ってやらないとゲシります。こちらはラダーが水平で高さもあるので、あまりスピードが要らなかったですよ。

    ただ、向こうの方が大きく見えるのは、ラダー自体が高い位置にあるのと、ランディングもしっかり作ってあるからじゃないでしょうかね。

    返信削除
  3. ちなみに、辻さんのHPにトレインレックの写真がありますが、辻さんがドロップより奥のほうにいるため、尚更大きく見えますね。

    返信削除
  4. 相変わらずすごいですね〜!!
    しかし、BIKEに乗れるなんて羨ましいです!!
    こっちは真っ白雪景色。
    昨日は−30℃まで下がった銀世界。
    しばらく乗れそうに無いので羨ましいです!!

    返信削除
  5. おお、ナルホドそう言う訳だったんですな。
    いやーアノ写真だと最低でも5mはありそうに見えましたよ。
    3.5mにしたって相当な規模ですが・・・。

    トレインレック制覇、期待しています。

    返信削除
  6. >Shigeさん

    -30度ですか!ウィスラーでー15度の日があって、うんざりする思いをしたのに、その倍なんて…。お身体に気をつけてくださいね!

    ビデオ見させてもらいました。同じハードテーラーとして、見てて嬉しくなりましたよ。ビデオの中のドロップ、大きいですね!

    >亮太さん

    トレインレック、僕が帰国するまで雪に埋もれているでしょうね。サイズ的にはイケルと思いますが…残念!

    返信削除