2009/12/23

ウハウハライド

朝起きると、晴れ間が!ってことで早速引越し後初のライドに行ってきました。行き先は、アリスレイクという湖からジープロードを上った標高450m程の山の頂上。ここからダブルブラックダイアモンドの下りが始まります。どんなトレイルなんだろう?スタントはあるのかな?急なのかな?等と、行く前から妄想が止まりません。
昨日、タンタラスバイクショップでトレイルマップも買ったし、準備万端。まずは、アリスレイクに向かうため、今年の夏にアシスタントとして参加させてもらったロデオサーカスで2回走ったJack's trailを目指します。地図を片手にキョロキョロしていると…あっ、ここ、3年前に辻さんに連れて来てもらったダートジャンプじゃん!でも、それ以来レベルアップしたようで、スタート台の代わりに4m×4mのでかいドロップが出来ていました。もうこれ見ただけで勝手に笑いがこみ上げてきます。決心して漕ぎ出した瞬間にシフトワイヤーが切れてお預けとなったトレインレックのドロップと同じかちょっと大きいくらい。これは帰る前までにクリアしておかないと…。

小川ギャップのスタート

いい感じに面出しされていましたが、まだメンテ中。残念!


うまく岩を使ったスタート付近

先端から見下ろしましたが、これは行ける!ってなイメージが湧きました。後は乾くのみ…

そんな久しぶりの再会で、いつの間にか大人びた従兄弟を見るかのような気持ちに浸っていると、反対側の森の中から明らかに不自然なモノが突き出ています。近づくと…2つの横に並んだギャップジャンプ。奥の長いほうはそこそこ大きいのですが、ランディングが死んでました。これもそのうち乗れるようになるのかな…


ランディング、めちゃくちゃ…

更にこのジャンプの隣にはウォールライドからのジャンプ。結構な大きさです。これはまだ行けるレベルじゃないなぁ。


いやー、そそり立ってますね

更に更に、ここからちょっと行った所には作り中のこんなのが…

早く乗っかりたい…

出口はジャンプ

まだ最初のトレイルにすら辿り着いてもいないのに。この時点で満腹感が出てきました。恐るべしスコーミッシュ。探せば探すだけ出てきます。

ようやくJack's trailを走り出し、少し頑張ってるな程度の強度で上っていきます。それにしても、いきなりあんなのを見せ付けられては、走っていても真っ直ぐなんか見ていられません。そんなこんなでアリスレイクに到着。ここからは上りです。前日まで降っていた雨のせいで、地面はかなり柔らかめ。それに先々週の初パンクで交換したDHチューブのせいもあって中々前へ進みません。それでも、今日は一人。誰かを引っ張るわけでもなく、置いていかれるわけでも無いのはとても気楽。3,40分上って山の頂上に着きました。

こんな断崖を見上げたり…

頂上

最初に走ったトレイルはやや急で、たまにテクニカルセクションがある程度。特に大きなスタントも無く、あっても1m程の段差が幾つか。それでもガッツリ下れたので良しとします。二本目は最初のトレイルから続いているThe Plural of Nemesis、意味は「お仕置きいっぱい」。ここも大きなスタントはありませんでしたが、その名の通りテクニカルセクションはいっぱいでした。例えば、(急+張り出た根っこ+岩+スイッチバック+その上を水が流れてる+曲がりきれなかったら崖下転落)×2連続、とか。こんなところで転がっていても、クーガーの餌になるだけなので、見送ったセクションが2,3個ありました。乾いたらリベンジです。


最初はロール、その後は1m程の段差。真ん中の木を通り過ぎた瞬間から前輪を
浮かしているのがわかると思います、ってあっという間過ぎですね

無事に全行程を終了し、再びタンタラスバイクショップで2枚目の地図購入。終始ポケットに入れていたため、濡れてふにゃふにゃになってしまったんです。全行程はスタントの散策も入れて3時間程度でした。さて、明日はどこを走ろう?

部屋はこんな感じです。まだベッドが無いので、タオルやらブランケットやらを
敷いていますが、タオルはタオル、ベッドはベッドです…

持て余す程のクローゼット

3 件のコメント:

  1. スコーミッシュでの生活うらやましいぜ~。

    返信削除
  2. >ダイキさん

    少しでも多く乗って、ダイキさんのレベルに近づけるよう頑張ります!たくさんスタント見つけて、ブログにアップしていきます!

    返信削除
  3. こんにちは。
    コースを見るだけで足がすくんでしまいそうです。
    しかし、凄く羨ましい場所ですね。

    返信削除