2009/08/22

成長

木曜日は辻さんダイキさん夫妻とスコーミッシュへ。ダイキさんの奥さんにシャトルをしていただき2本タップリ走ってきた。一本目は以前に僕がクロマグフライデーライドで行ったOne Trick Ponyという丸太一本橋、ドロップ、ジャンプ、ロックフェースのあるオールドスクール的なトレイルへ。カメラでプチ撮影会を行いながら下り、次はパンプトラックへ。ここにはジャンプトレイルもあり、以前に行ったときにリッチー・シュレイもトライしていなかったギャップジャンプへ。最初のトライはきわどい感じだったが、二回目はちゃんと決まりました。大きいジャンプじゃないけど、以前に出来なかったことが出来るのは何でも嬉しいこと。
二本目は以前に辻さんのXCツアー中に出くわしたGrin N' Hollerというトレイル。意味は恍惚といったところか。トレイル入口に2m程度のラダーからラダーに飛び乗るギャップジャンプが。その横にはご丁寧に看板があり、「注:このジャンプが飛べない人は立ち入らないように。このジャンプが最小のものです」 そのツアーのときは大きく見えたジャンプも、実際飛んでみると全くなんてことのなく、あの時はなんだったんだろう?と辻さんと昔を振り返る。ジャンプの後はとても流れのある、気持ちいトレイルが続き、あの看板は嘘だったんだろうかと思ったとき、やっぱり来ました、でかいギャップジャンプ3連続。一つ目はラダーtoラダーの6mほどのステップダウン、次もリップがラダーの8,9mはあろうかというでかいジャンプ、そして最後も6m程度のステップダウン。どれもリップが立っていなく、猛スピードで突っ込んで若干ホップを加える必要がありそう。この日は一本目にクリアしたジャンプのせいもあって、やる気モード。いつもは大きいな~、と言って見てるだけの自分はそこにはいなかった。とにかくスピードを出せば飛びきれそうな気がしたので、鬼漕ぎで突っ込んでみる。あれだけ長く感じたラダーとラダーの間も、実際飛び出してみるとあっという間に着地点が見えてきた。少し飛びすぎたが、初めてのサイズのジャンプに大満足。残りの2つのジャンプはまだできそうな気がしなかったのでパス。ダイキさんはしっかりメイク、さすがだ。たくさん写真やビデオを撮ってもらったので、辻さんのホームページでそのうちアップされるだろう。ですよね、辻さん?

今日(金曜日)は初のダートジャンプトレイルへ。自転車がまだ無かった頃にメンテナンスで行ったきりで、実際に乗るのはなんだかんだで今日が初めて。リップの立った、空中へ放り出されるような感覚にはまだ慣れていないので、一番小さいレーンでも途中までしか飛べなかった。これも通いつめて徐々に飛べるようにしようと思う。その後も昨日の二人とバイクパークでジャンプトレイルをメインに攻める。少し前に出来たウッドチップの敷き詰められたフォームピットのようなジャンプ練習場があるので、そこで3人で技の練習。僕は360、辻さんはノーフットキャンキャン、ダイキさんはノーハンド。360を大きなジャンプでやるのは初めてで、最初はドキドキしたが、少しは自分自身をプッシュしないと何も得られないことがわかってきたので、思い切ってトライ。なかなか回りきれず、270止まり。それでも回る感覚がつかめてきたのは大きな収穫。まだ回転軸が安定していないので、これを直すのが課題。でもそれはそれでラコンテギーのようなフラットスピンみたいに見えるので良いといえば良いが、まずは基本から。幸い、転んでも傷みは無いので、また明日も挑戦しようと思う。その後は先日スロープスタイルが行われたボーンヤードにあるウォールライドの練習。まだ高いところまでは届かないものの、感覚は掴むことが出来た。これも徐々に高さを出していけるようにしたい。2人と別れた後も軽めに下半分を2本。ジャンプ系には飽きたのでシングルトラックを走ってきた。1本目はシュレイヤーからロックシティ、2本目はニンジャクーガー、カラテモンキー、サムライピザキャットからデビルズクラブ。それにしてもなんでこういう名前なんだろう。

おっと、あやうく書くのを忘れるところだった。水曜日にPhat wednesdayというDHレースに参加してきた。コースはアングリーパイレーツ、サムライピザキャット、デビルズクラブ。参加者は90人で、自分のカテゴリーではトップから28秒遅れの4分8秒で48人中28位。以前に参加したレースは転んでゴールできなかったので、今回は若干抑え目に走ってみた。だからベストの走りは出来ていないが、トップとの差を知るという意味ではいいレースが出来たと思う。ローカルレースとはいえ、ウィスラーのアマチュアトップライダーはプロライダーのレベルとなんら変わりは無い。帰国後にJシリーズのDHに参戦予定なので、このタイム差を知るというのはとても重要なのだ。レース数は残りわずかとなってしまったが、できるだけ参加しようと思う。


Yossy-T killing it

これ飛べたぁ~


ダイキさん、まだ僕には届かない世界

全長50mにも及ぶ木造建築物


ダイキさん、ロードギャップ

2 件のコメント:

  1. このトレイルやばいですね〜。
    これをハードテールで飛ぶとは...凄いとしか言葉が出ないです。
    あと、またまた質問なのですが、スタイラスのSサイズにはリリックがつかないと聞いたのですが(肩下の問題で)どうなのでしょうか??
    質問ばっかりですみません。
    あと誕生日おめでとうございます!!

    返信削除
  2. >tantanさん

    どうもありがとうございます。
    社長に聞いたところ、やはりダウンチューブにクラウンが接触するようです。ですのでスペーサーが必要になりますね。あるいは厚めのヘッドセットが必要になると思います。

    返信削除