2009/08/31

ロードトリップ

週末はバンクーバー近郊のアボツフォードという町に辻さんダイキさんと一泊二日で自転車に乗ってきました。

まず金曜日。

フリーウェイでバンクーバーから1時間ほど走ったところにあるトレイルへ。ここはジャンプがたくさんあるそうで、楽しみにしてトレイルに入ると、いきなりギャップジャンプ。次はロックフェースからドロップしてすぐにバームを曲がってまたすぐにジャンプ、とバーム後すぐにジャンプという流れが最初から最後まで続いているトレイルでした。だからバームで失敗するとジャンプもうまくいかないといった具合に、ジャンプこそ大きくないものの地味に技術を要求されるのです。全部のジャンプを飛んだわけじゃないけど、80%はクリアできたかな?最近はジャンプもさっと下見するだけで飛べるようになって来ました。これも数をこなしてきた成果かなぁ。中には飛びすぎたり届かなかったりと、まだ完全には安定していないので、完成度を上げるのが今後の課題です。ここでもダイキさん、辻さんはがんがん飛んでいました。本当は出発前日の木曜日に新しい後リムを交換する予定が間違ったものが届いて組むことが出来ず、後ホイールに文字通り爆弾を抱えていたため下手に壊してしまうと翌日が楽しめないので若干抑え目に走った、というのが言い訳です。初日はホイールを壊すことなく終了。バンクーバーに戻って中華料理を食べて、辻さん宅に泊めてもらいました。

そして土曜日。

早起きしてアボツフォード在住のケンさん宅へ。静かな山間にあるお家は庭が大きく、誰もがうらやましいと唸ってしまうほど。この日走ったべダー山は、シャトルをしていただき、計3本も走ってきました。ユリさん、ありがとうございました!トレイルはこれまたスタントのオンパレード。ジャンプやドロップはもちろん、スロープスタイルコースにあるようなものまであり、気の抜けないトレイル。中には35フィート(約11m)のどでかいギャップジャンプがあり、フリーライダー日本代表のダイキさんは5回もメイク。しかも最後の2回はガッツリとチキンウイングというハンドルから両手を離す技まで入れていました。飛ぶだけで精一杯の僕から見たら、遠い世界。っていうか、このジャンプは飛んでいませんが…。ただ、飛べるサイズが大きくなってきているのは確実です。嬉しい♪
ライド後はケンさん宅でBBQ&バレーボール・バドミントン大会。遅くまでたっぷりと楽しませていただき、夜はまた辻さん宅に泊めてもらいました。

で、日曜日。

朝起きると、若干の足の疲れが。何度もセクショントライするために自転車を担ぎ上げたためだろう。この日は靴下全てに大きな穴が開いてしまった僕にとっては絶好のお買い物日和。H&Mにぶらりとよってみるも、お目当ての靴下がなく、結局ウィスラーで買うことにしました。後は冬用のジャケットを買ってきました。ウィスラーの冬はとにかく寒いらしく、皆スキーウェアを常に着るほど。でもタイトフィットなスタイルが好きなので、一か八かダブルのレザーライダースジャケットを買ってみました。下にパーカとか着れば大丈夫かなぁ。だと良いなぁ。夕方頃、辻さんと新しいロデオサーカスツアーのお客さんと一緒にウィスラーに戻り、その後一人で軽く3本ほど走ってきました。バイクパークでまだ挑戦していないセクションがあり、ひとつはCrown Shoesの最後のドロップ、もうひとつはDirt Merchantのロックドロップ。前に見たときはとても大きく見えたけど…、実際に見てみると、なんだこれよりでかいの、昨日飛んだじゃん、と思えるほど小さく見えました。で、どっちも一発クリア。これでさらにラインが増えて幸せです。更なるレベルアップを目指していきます!

写真とムービー


こんな大きなロードギャップも

木の根+α

ダイキさん、チキンウィング

ダイキさん、11mギャップでのチキンウィング

なかにはこんなスロープスタイルっぽいセクションも

ダイキさん、文字通り発射してます

辻さん、スロープスタイラー

2009/08/25

誕生日

無事、誕生日を迎えました。たくさんの友達からメッセージをもらい、とても幸せです。これだけ危険なスポーツをしていて、全く健康な状態で誕生日を迎えられるのはすばらしいことだと思います。

今日は特に何か特別なことをしたわけではなく、6時までクロマグで働いて、そのあとバイクパークで3本ほど軽めに走ってきました。明日も仕事のため、このまま家にいます。昼はちょっと奮発して10ドルのサンドイッチ、夜はステーキ飯を作りました。普段は買わないデザートにアイスかポテチで迷って結局ポテチ。自分へのプレゼントというわけではないですがブレーキローターを6インチから7インチに変更しました。これで左人差し指の痛みが減ると良いなぁ。

と、まぁこんな感じでやっております。

I turned 23 today, Aug 24th. Thank you so much for your birthday wishes. I'm glad I'm totally fine on my birthday.

I didn't do anything special today. I just went to work then rode my bike. I cooked a steak rice for dinner. I'm not going out because I gotta work tomorrow. Hmm, nothing special on my report that is once in a while anymore. I should write a blog in English more often. It's just a bit of hassle and I don't have anything to write here except something about biking... Now I'll try.


バースデーケーキ、のつもり

2009/08/24

24日は誕生日

明日で23歳になります。日本時間ではもう23歳になっていますが。明日の予定は仕事と走りに行くくらいですが、夜はうまいものでも食べようと思います。

昨日も今日もがっつり乗ってきました。昨日、リフトの係員に合計で何日と何本バイクパークを走ったか聞いたところ、42日と190本という答えが返ってきました。昨日で8本、今日で10本走ったので確実に200本は越えます。ルームメートは52日と400本でした。彼のほうが早くからバイクパークに行っていたのと、僕は仕事後に走りにいくことが多く、2,3本しか走れないときがあったのでそのような差が付いたようです。それでも日数の割合からいくと僕のほうが上かな。
今のところ大きな怪我が無いのが不思議でたまりません。いや、もちろん怪我が無いほうが良いんですが…。昨日は手を折った人を3人、落差2mのGLCドロップの着地でこけてどこかしら折ったか何かで救急車な人が1人、今日はAラインの最後のジャンプで転んで足を怪我して救急車な人が1人。誰にでも起こることなので、気を引き締めて体調も把握しないと痛い目に遭いそうです。たった一つの石ころのせいで転倒することだってあるわけだから運といえばそれまでですが。でも挑戦なくして先には進めません。ということで昨日、Canadian Openという先日のクランクワークスで行われたDHレースのコースにある6mほどのステップダウンに初挑戦、見事クリアいたしました。このステップダウンはリフト真下にあるため、リフトから首を伸ばしてまで見る人がいるくらい注目度の高いセクションです。いやぁ、嬉しい。もちろんハードテールでメイクしましたよ。着実にレベルアップしているのが実感できます。この調子でこれからもバンバン走っていこうと思います。

なんかまとまりの無い、だらっとした文章になりましたがそこはご勘弁!

2009/08/22

成長

木曜日は辻さんダイキさん夫妻とスコーミッシュへ。ダイキさんの奥さんにシャトルをしていただき2本タップリ走ってきた。一本目は以前に僕がクロマグフライデーライドで行ったOne Trick Ponyという丸太一本橋、ドロップ、ジャンプ、ロックフェースのあるオールドスクール的なトレイルへ。カメラでプチ撮影会を行いながら下り、次はパンプトラックへ。ここにはジャンプトレイルもあり、以前に行ったときにリッチー・シュレイもトライしていなかったギャップジャンプへ。最初のトライはきわどい感じだったが、二回目はちゃんと決まりました。大きいジャンプじゃないけど、以前に出来なかったことが出来るのは何でも嬉しいこと。
二本目は以前に辻さんのXCツアー中に出くわしたGrin N' Hollerというトレイル。意味は恍惚といったところか。トレイル入口に2m程度のラダーからラダーに飛び乗るギャップジャンプが。その横にはご丁寧に看板があり、「注:このジャンプが飛べない人は立ち入らないように。このジャンプが最小のものです」 そのツアーのときは大きく見えたジャンプも、実際飛んでみると全くなんてことのなく、あの時はなんだったんだろう?と辻さんと昔を振り返る。ジャンプの後はとても流れのある、気持ちいトレイルが続き、あの看板は嘘だったんだろうかと思ったとき、やっぱり来ました、でかいギャップジャンプ3連続。一つ目はラダーtoラダーの6mほどのステップダウン、次もリップがラダーの8,9mはあろうかというでかいジャンプ、そして最後も6m程度のステップダウン。どれもリップが立っていなく、猛スピードで突っ込んで若干ホップを加える必要がありそう。この日は一本目にクリアしたジャンプのせいもあって、やる気モード。いつもは大きいな~、と言って見てるだけの自分はそこにはいなかった。とにかくスピードを出せば飛びきれそうな気がしたので、鬼漕ぎで突っ込んでみる。あれだけ長く感じたラダーとラダーの間も、実際飛び出してみるとあっという間に着地点が見えてきた。少し飛びすぎたが、初めてのサイズのジャンプに大満足。残りの2つのジャンプはまだできそうな気がしなかったのでパス。ダイキさんはしっかりメイク、さすがだ。たくさん写真やビデオを撮ってもらったので、辻さんのホームページでそのうちアップされるだろう。ですよね、辻さん?

今日(金曜日)は初のダートジャンプトレイルへ。自転車がまだ無かった頃にメンテナンスで行ったきりで、実際に乗るのはなんだかんだで今日が初めて。リップの立った、空中へ放り出されるような感覚にはまだ慣れていないので、一番小さいレーンでも途中までしか飛べなかった。これも通いつめて徐々に飛べるようにしようと思う。その後も昨日の二人とバイクパークでジャンプトレイルをメインに攻める。少し前に出来たウッドチップの敷き詰められたフォームピットのようなジャンプ練習場があるので、そこで3人で技の練習。僕は360、辻さんはノーフットキャンキャン、ダイキさんはノーハンド。360を大きなジャンプでやるのは初めてで、最初はドキドキしたが、少しは自分自身をプッシュしないと何も得られないことがわかってきたので、思い切ってトライ。なかなか回りきれず、270止まり。それでも回る感覚がつかめてきたのは大きな収穫。まだ回転軸が安定していないので、これを直すのが課題。でもそれはそれでラコンテギーのようなフラットスピンみたいに見えるので良いといえば良いが、まずは基本から。幸い、転んでも傷みは無いので、また明日も挑戦しようと思う。その後は先日スロープスタイルが行われたボーンヤードにあるウォールライドの練習。まだ高いところまでは届かないものの、感覚は掴むことが出来た。これも徐々に高さを出していけるようにしたい。2人と別れた後も軽めに下半分を2本。ジャンプ系には飽きたのでシングルトラックを走ってきた。1本目はシュレイヤーからロックシティ、2本目はニンジャクーガー、カラテモンキー、サムライピザキャットからデビルズクラブ。それにしてもなんでこういう名前なんだろう。

おっと、あやうく書くのを忘れるところだった。水曜日にPhat wednesdayというDHレースに参加してきた。コースはアングリーパイレーツ、サムライピザキャット、デビルズクラブ。参加者は90人で、自分のカテゴリーではトップから28秒遅れの4分8秒で48人中28位。以前に参加したレースは転んでゴールできなかったので、今回は若干抑え目に走ってみた。だからベストの走りは出来ていないが、トップとの差を知るという意味ではいいレースが出来たと思う。ローカルレースとはいえ、ウィスラーのアマチュアトップライダーはプロライダーのレベルとなんら変わりは無い。帰国後にJシリーズのDHに参戦予定なので、このタイム差を知るというのはとても重要なのだ。レース数は残りわずかとなってしまったが、できるだけ参加しようと思う。


Yossy-T killing it

これ飛べたぁ~


ダイキさん、まだ僕には届かない世界

全長50mにも及ぶ木造建築物


ダイキさん、ロードギャップ

2009/08/17

おしまい

年に一度のMTBの祭典、Crankworxも今日をもって終了。あっという間でした。こうして何もかも気が付いたらあっという間に終わっちゃってた、なんてならないように、1日1日を大切にして、向上していけたらな、って最近良く思う。

で、昨日のスロープスタイルはというと、Chromagでもスポンサーをしている地元っ子、セメナック君は残念ながら2位。1位はグレッグ・ワッツとなりました。大会を終えてみての感想ですが、個性が全く無かったと思います。ラインも1本のみで、どこで何が出来るかが限られている、あるいは予想が付くため、一通りのトリックが出尽くした後は観客からの歓声も次第に小さくなっていったのが事実。要はコースがいまいちだったということです。もちろん、全出場選手の走りは強烈でしたが…。
夜はルームメートと飲みに行きましたが、それはそれはそこら中がお祭り騒ぎ。僕らのグループの中に友達を見つけて近寄ってきた男性は、優勝者グレッグ・ワッツのお兄ちゃんだったりと、走りを終えたライダーたちもわんさか。そりゃ1年で1番盛り上がるイベントなわけだ。久しぶりに渋谷っぽい雰囲気を味わえました(笑)。

さて、最終日の今日はカナディアンオープンDHレース。出場者リストを見るとちょっとしたワールドカップ的な顔揃い。リフト待ちの渋滞を避けてバイクパーク上半分を周回。シングルトラック系とジャンプ系をうまく混ぜて走ってきた。その後はプロクラスのレース観戦。僕のいた場所は大きなギャップジャンプを飛んでロックフェースに着地後、即ウォッシュボードから急なロックフェースを落ちる、といったプロライダーの身体の使い方を勉強できる場所。特に誰が一番すごかったということは無かったけど、同じ人間としてどこかにああやって走ることの出来る可能性が自分にもあるんだとわかったことが本日の収穫。いきなりは無理だけど、少しづつ近づいていけたら良いなと思う。今回もし出場してたとしても、絶対ボロボロだったはずなので、来年こそは修行を積んで出てみたいと思う。ってか来年もここにいるのだろうか!?



360 X-Up

セメナック、フリップ

セメナック、360

2009/08/15

まとめて

ここ4日間の動向をどうぞ。

火曜日:一日中クロマグで仕事。その後、オフィスで辻さんダイキさんのツアーのお客さん、そしてこちらのスタッフさん達を交えたウェルカムBBQパーティー。実際に日本のクロマグユーザーと会って話す機会はイアンにもあまり無いため、とても楽しく交流することが出来たと思います。自分は通訳、販売対応などに大忙しだったけど、ちゃんとおいしいBBQは頂きました。

水曜日:ダイキさんのツアーにアシスタントとして参加させてもらう。天気は雨が降ったり止んだりでとても寒い。そんな悪天候にもかかわらずバイクパークの上から下まで3,4本を10-5時の間で乗ってきた。皆さん、ジャンプ系トレイルがいたくお気に入りの様子でFreight TrainとCrank It Upをメインに走りこんできました。僕もおかげでジャンプがうまくなったかも!?
夜はタイラーの家で行われたSram/Chromag主催の豚丸焼きゴルフパーティーに行ってきた。Wiffle golfといって穴の開いたプラスチックのゴルフボールで18ラウンドを回る。コースは山の中に作られており、とても本格的。が、酔っ払っているのでひたすらクラブを振り回しては暗闇に消えたボールを探しに行く、の繰り返し。スコアどころではありません(笑)。前日からあぶっていた豚は、口に入れたとたんにとろけるほどの柔らかさ。パーティーにはあのグレッグ・ヘルボルトの姿も。ファンキーなおっちゃんだった。

豚の丸焼きと、

ゴルフがパーティーの目玉


DJ JJ

ファンシーパンツがヘルボルト





木曜日:この日も朝から雨。アシスタントをする予定だったが、この日はお買い物デーに変更、ということでサングラスを新調してきた。先日の遭難で鼻当てを無くしたのと、安物のレンズも傷ついてボロボロだったので、思い切ってオークリーの新作をゲット。思い切りすぎたか?まぁ、レンズ2ペア付いてきたから良しとしよう。
夕方からはSram主催のToonieレースなので、コースマーシャルとして参加。遊歩道の中をレーサー達が猛スピードで走り抜けていくが、歩行者はとても協力的。というかいつの間にか「ライダー来るから気をつけて!」なんて声を張り上げている歩行者のおばちゃんまで続出。コースの案内で立っているだけなのに、ライダー達は微笑んでありがとうと言ってくれるのはなんとも爽快。さすがは世界最大の自転車コミュニティー。平日の夕方に2~300人が集まるなんて、どこの国のどんなスポーツでもそうは聞かない話だ。

金曜日:町中がCrankworx一色の中、少しの間だけでも離れよう、ということで裏メニュー的にひっそり?と行われたクロマグフライデーライド。人が来るわ来るわで結局20人超も集まっちゃいました。しかもみんな速い。この日は雨上がりということもあって、木の根つるっつる。何度も滑って転んで、おまけに最後の最後で小さなジャンプの着地後に衝撃で足をシートにぶつけたら、シートポストのやぐらがちぎれました。幸いシートは無事で一安心。立ち漕ぎで生還し、BBQタイム!たらふく食べた後は辻さんとデザート代わりのバイクパークをノンストップで下半分3本。なんとも良いペースで走って来れました。







明日はCrankworx スロープスタイルの決勝。微妙~な友達関係にあるセメナック君が頑張ってくれると良いな!

2009/08/11

やっと雨

朝一にSramブースへ行き、壊れたフォークを置いてきた。以前に壊したときに直してくれた友達が働いているので、また彼にお願いして夕方取りに行くことに。この日はガルバンゾDHという、山の頂上からふもとまでのDHレースをやっていました。優勝はジャスティン・リオフ、2位はクリス・コバリック、3位がサム・ヒルでした。本当は山の上のほうのテクニカルセクションで観戦したかったけど、そのうちどこかでビデオを見られるだろうという情けない期待に負け、ゴール地点での観戦となりました。その後Sramのブースに行ってフォークをピックアップ。久々に見るフォークはとても長く、よく今まで110mmトラベルで走り回っていたなと思うほど。110mmってこのフォークの最小トラベル以下だからなぁ。友達に原因は?と聞いたら「分からん」って…。エア式トラベル調節機構付きのフォークは仕方ないんだよねって言われたけど、じゃあFoxのTalasは?ここではSramとのディールが得られるのでロックショックスを使っていますが、本音はFox使いたい…。もしFoxが40Talas、100-140-180mmみたいなフォークを出してくれたら買うのになぁ。’10Totemはトラベル可変モデル無いですからね。まぁ、黙って今のを使います、バラバラになるまで。
散々愚痴っといて、新品同様になったフォークの動きは抜群!バイクパーク下半分を5本連続で走っても手の痛みはほぼありませんでした。フォークは柔らかくすればこんなに違うのかと実感。

翌日(月曜)は朝から夕方までずっと雨。このおかげで山火事注意報は最小にまで引き下げられました。よかったよかった!仕事も9時ー7時までと、たっぷり働いてきました。ニューアイテムももらっちゃった♪

明日明後日も仕事です。走りにいきたいところですが、雨が降ったばかりだし、なにかと仕事場にプロライダーが遊びに来るので、1日2日くらいは乗るの休もうかな。

2009/08/10

遭難とクランクワークス初日

クランクワークス開催!!の前に行ってきた金曜日のクロマグライド。これがかなりヤバかったのです。というのも、森林限界のほんのちょっと手前で一夜を過ごす羽目になりました。そう、遭難です。この日集まったのはショーン、ケビン、ダーシーと僕の4人。バイクトライアル用のトレイルを下ろうということで、正午過ぎにキャラハン峠の中腹まで車で上り、そこからハイキングトレイルをバイクを担いで2時間半、ようやく頂上のレインボーレークにたどり着きました。このハイキングトレイルも、日本のものとは異なり乗車率は10%程度、あとは全て担ぎでした。頂上は雲の上で、何も聞こえない、幻想的な景色が広がっており、それは綺麗でした。するとダーシーが、「じゃあ、これからあの尾根まで行くから」と指差したのは遥か向こう(実際には3km程度)の尾根。そこまで行くにはトレイルは無く、自分達で方向を決めて行くしかなかったのです。その尾根も現在地から一度下って、それから急斜面を登った先にあり、早速下り始めると視界が…濃い雲の中に入ってしまったため視界は30mが良いところ。晴れていれば大体の見当が付けられるし、何より迷ってもウィスラーの町を目標に進むことが出来るけど、この時は全てが勘。あっちこっちバイクを担いで歩き回って、間違って下ってはまた上り、をひたすら繰り返し、気づいたらちょっとした藪があるだけのだだっ広い丘の上。時間は夜の8時。あと30分もすれば日が暮れるのと、その時間内にトレイルを見つけ出して下まで下りるのは不可能という判断から、その藪の中で泊まることとなりました。水、食料は無し、火も山火事の恐れがあるので焚くことが出来ず。ジャケットを持っていったからまだましだったものの、下はハーフパンツ。露の降りた草原を歩き回ったため足元は濡れていて、これが寒い寒い!皆で抱き合って寝ました。というか寒さのため10分寝ては寒くて起きるというような感じでしたが…。ケビンはジャケットが無かったため、連れてきた犬を抱いて寝ていました。さすが鉄人!寝始めたのが9時頃で、再び行動を開始したのが朝6時。携帯で友達に連絡を取ってもらってバイクで下から上がってきてもらうことになりました。その間もまた歩き回ってトレイルを探しましたが、結局見つからず。幾度と無く、もうこれ以上バイクを押して歩けないと思ったことか。そんな時にバイクのエンジン音がかすかに聞こえたとき、安堵感がどっと出ました。後は下るだけ。そのトレイルはかなり楽しく、疲れを忘れさせてくれ、あっという間に下界にたどり着きました。でも、もうこのトレイルには行きたくないなというのが本音ですけど。すぐに朝ごはんを食べに行って、皆で遭難を振り返って話し合いました。今回の失敗点は、悪天候にもかかわらず進み続けてしまったことと軽装備過ぎたこと。15年も続くフライデーライドで遭難して山で一夜を過ごしたのは今回が初めてだそう。やっぱり見切りをつけて引き返すのも重要ですね。今はこうしてブログを書いているので身体は全く問題なし。風邪でも引くかと思ったけどそれもなさそう。いやはや、自分を含め皆無事でよかった。家に帰ってすぐにシャワーを浴び、5時間ほど寝てからバイクパークへ。

無事に下界に戻ってきたこの日はクランクワークスの初日。カメラ片手に最初の種目であるデュアルスラロームを見てきました。DVDでしか見たことのないプロライダー達がそこら中に。バイクに乗っていない時のプロライダーは、プロといってもただの人なので特に写真は撮っていません。コースは赤と青に分れており、どう見ても赤コースのライダーしか勝っていなかったのですが、決勝の赤:ブライアン・ロープス、青:カイル・ストレイトでは青のカイルが勝っていました。その後はKranked revolveという新しいDVDの試写会があり、それを見終わった後、ルームメート達のいるバーへ。久々に酒をちょっと飲みました。自転車ばっかりの日々が続いていて、夜どこかに遊びに行くなんてここ1ヶ月はしていなかったので。若干ほろ酔いになって家へ向かう途中にどこかで見た覚えのある、ちっこくてごついヤツが。アンドリュー・ラコンテギでした。隣には相反するひょろのっぽの兄ルイスも。これから1週間はDVDスターで町があふれかえるようです。あれだけ疲れていたにもかかわらず、バイクパークで2本乗ってきちゃった~。


途中から生えているのがいわゆる普通の大きさの木

レインボーレーク

道なき道を切り開いていくと、

そこにはこんな景色が。綺麗だけど…

結局、こうなりました


ボーンヤードもほぼ完成

こんなステップダウンも。飛んでいるのはジル・キントナーと誰か

赤ジャージ:ロープス、黒:カイル スタート後の第一バームにて

ロープス(赤サングラス)のカメラ目線、頂きました!奥のヘルメット半被りが優勝のカイル

2009/08/03

乗り載り

暑い日々が続いてますが、それはどこでも一緒ということで相変わらずガンガン乗っています。乗りすぎで両手が腱鞘炎気味になってきたのでグルコサミンのタブレットを購入したのでおそらく大丈夫なハズ。

一昨日は辻さんとバイクパークを数周してその後Ride, don't slideトレイルへ。良いペースで下り、そのまま謎のトレイル、Your mamaを探すことに。なんとなくの方向だけ聞いていたのであちこち探し回ったけど、この日は嗅覚に優れていたのか20分ほどでトレイル入口を発見。少しだけ押し上げるとペンバートンっぽいおおきなロックフェースの頂上に。そしていきなりギャップジャンプ。あまり乗られていないトレイルなのか、全体的に朽ち気味ではあるものの、急なロックフェース、ジャンプ、ドロップ、ウォールライドとスタントも満載。これは新たなお気に入りに追加っと。時間があればメンテナンスに行こうと計画中。

で、この日の夜に辻さんから電話が。「車の鍵落とした…」 翌日は前日に走った全トレイルをくまなく探すも、結局見つからず。だけどウィスラーに来る人にバスで届けてもらい一安心。

ということで、昨日ののんびりペースから打って変わって今日は一杯走ってきた。朝の11時から6時半までの間で一番上から3本、下半分を4本。今日初めてクリアできたジャンプなどのセクションもあり、収穫ありです。

ネットサーフィンをしていると……クロマグのブログに登場しちゃいましたね。写真はプレッピングといって、ペイントや溶接部の点検、ヘッドチューブ、BB、リアエンドのバリ取り、ステッカー貼り、ヘッドバッジ付けをしている最中に撮られたもの。この日だけで8本のフレームのプレッピングをしました。

明日からまた仕事~。来週からクランクワークスが始まります。う~ん、楽しみ♪

So yeah one of my friends told me why I stopped writing my blog in English. This blog has to be brought world-widely.

These days...it's freaking hot!! The last time I was here, back in 2006 and 2007, it's much more cooler but it's been around 30-35C without humidity during daytime for the past few weeks. We had a big forestfire last Thursday and now it's contained. We also had it somewhere around the top of Mt.Whistler today. The forestfire alert has been set as "extreme" for such a long time. We do need rain here or trails will be shut down.

I've been doing well, riding bike so hard now all of my joints on my hands hurt... Job is going well. Oh yeah you can see what I do at work here! In the picture, I'm doing prepping to a bike frame. like taking off unwanted paint, putting decals and a headbadge and tapping the threads. I sometimes feel nervous whenI'm doing these since those frames are not cheap but I'm really proud of myself!

Some of you guys will leave Japan soon right? Hope everything is gonna be sweet for you! Have fun as much as possible till the last minute!