2009/07/30

完成形?

待ちに待ったHammer Schmidtが届き、壊れたSaintのリアディレイラーも格安に手に入ったので、今日一気に組み上げました。HSを付けるとき、間違ったスペーサーを入れて危うくクランクボルトのネジをイカレさせそうになったけど、友達の助言でなんとか回避。ワイヤーの取り回しはVブレーキ用のリードパイプ(こっちではnoodleと呼びます)の90度の物を使ってシートチューブのタブに通せるように工夫しました。こっちではピックアップトラックの荷台にバイクを良く積むので、その時にケーブルが傷付かないようにするためです。実際はタブは使っていません…。うまくいったと思いますが、いつまでリードパイプが折れずにいられるかが問題です。いくら全体がコンパクトとはいえ、一番もろいワイヤーが飛び出す格好になるのはいただけないなぁ。リアディレイラーはHSに合わせ、ショートケージのSaintにしました。これでケージを岩にぶつけてもぎ取れる心配が無くなって安心!シフターはなんとSaintがそのまま使えます。巻き取り比が違うからだめかなぁと心配していましたが、問題無し!バッチリ組み上がって、残すは壊れたフォークときしみ音の激しいヘッドセットを直すのみ。フォークはタイラーがSramで働いているためパーツを取り寄せてもらうことになったので、それが届くまではしばらく5インチ以下のストロークでバイクパークも走らないと。さて、問題のヘッドセットですが、友達に聞いたら、本来は紙並みに薄いプラスチックがシールドベアリング部に付けられてなければならないのですが、まさかあのキングがプラスチックを使うとはと思った僕はゴミ箱へポイ。どうやらそれが全ての原因らしく、ゴミ箱に入っていた適当なプラスチックシート(ステッカーの裏紙みたいなやつ)をサイズが合うように(といっても形はグチャグチャ)切り出して付けたら、見事に音が消えました。こんなゴミみたいなのを入れただけで王様が黙るとは。皆さんは捨てないようにしてくださいね。捨ててしまってもいつでも作り直せるものですが。

ご機嫌なバイクが仕上がって、ご機嫌なトレイルに向かう予定でした。なんでも、そこはリフトで上り、さらにその上に広がるハイキングトレイルで常にレンジャーが警備、見つかると罰金80ドルを取られるらしいが、景色は相当良く、トレイルも気持ち良いらしいのです。罰金覚悟で走りに行く予定でしたが、突然の雨と雷のせいでリフトがストップ、バイクパークが閉まってしまう惨事に!雨はすぐに止んだものの、リフトが動かないとなると…。この日はあきらめて、近くのトレイルに走りに行ってきました。

HSのプチインプレですが、シフトアップ・ダウンが従来のものと逆で、シフターを押し上げると軽いギアに変速する仕組みなので、急な上り返しなどでかなりてこずりました。しばらく乗れば慣れるはずなので、あまり大きな問題ではないかと。重いギアにシフトすると、遊星ギアが作動して、22Tのリングで36T(あるいは24/38)のギア比を実現する仕組みになっているのですが、この遊星ギアが作動している最中はぺだリング効率が減っている感覚を覚えました、というか絶対減ってる!小さい遊星ギアを4つも介しているので、どの程度かはわかりませんが、人間の非力なエネルギーは音や摩擦で奪われているはずです。これは仕組み上仕方ないといえば仕方なく、この独特な違和感もそのうち慣れる物だと思ってます。まぁ、重いギアは平地や下りの時にしか使わないと思うので、あまり大きな問題ではないかもしれません。HSを付けてXCレースも真剣に考えてるというライダーにはあまりお勧めできないかもです。最後に気になる重量は、Sram曰く現行のFディレイラー+ダブルリング+バッシュガード+チェーンデバイスの組み合わせより10数グラムだけ重くなるらしいのに、怒涛の600gアップ!なにか測り忘れたのかなぁ…。これ以上重量を削るところが無い状態での重量増はイタい!写真の状態で16.5kgあります。HSはあくまで楽しく走るためのもの、ということで!またしばらくして、操作にもなれた頃にインプレしようと思います。




ステムをヘッドセットと同じ色に

つべこべ言わずに乗れ!というありがたいお言葉をフレームに貼りました

4 件のコメント:

  1. HSインストールおめでとうございます。
    クロマグの皆が付けているとなると
    時期モデルはHSインストールしやすい
    設計になるのですかね?

    GYPSYの切削プレートカッコいいですね!!
    欲しくなってしまいました。

    返信削除
  2. 恐らくダウンチューブにタブを付けれるオプションが出来るのではないでしょうか?クロマグメンバー達はタブを付けて再塗装してもらっています。フレームに手を加えるよりもHSのケーブル取り回しを再考してくれれば助かるんですけどね!

    ネームプレートは最初の時期には付けられていましたが、いつの間にやら付けなくなってしまったようです。軽量版が出てガセットがなくなったからだと思います。

    返信削除
  3. クロマグのお膝元だとすぐに対応出来るのはいいですね。

    ネームプレートがあったのは知りませんでした。
    日本に入ってきていたガゼット付きGYPSYはネームプレート無しでしたから。。

    そういえば先日発売された某自転車雑誌でjinyaさんを
    見ましたよ。
    お会いした事はないですが、なんか嬉しくなってしまいました。

    返信削除
  4. 自転車日和のことでしょうか?知人が記事を書いているので僕も載せてくれたようです。まだ読んでないので早く読みたいです!

    こちらでガセット付きのモデルに乗っている友達もいますが、彼らのにも付いていないので、気まぐれなのでしょうかね。たまたま仕事中に見つけて、自分でつけてみたんです。

    返信削除