2009/07/08

復活!

昨日(月曜)はクロマグからお呼びがかかって仕事。ステムとホイール用クイックの組み立てをしてきた。仕事も終わりに近づいた頃にマイフォークが戻ってきた!修理費は働いて返してね、とイアン。頭下がりっぱなしだわ~、ホント。ようやくバイクも直って、うきうきで帰宅。急いで組み立てるも、リアブレーキがこれまたオイル攻撃を受けていたみたいで全然効かない。のでこの日は家で過ごすことに。2step-airも直してもらったが、やはり130-160mmくらいしか動かない。まぁ、これは仕方ないな。直っただけで良しとしよう。それにしても、このたった2日間が1週間のように感じられた。去年はたった5回しか山で走っていない人間が思うこととは信じられない。

今日は知人の頼みで、日本から旅行で来られているトモノリさんというMTBライダーの方とバイクパークをガイドという形でご一緒させてもらった。朝、Summitというバイクショップに開店と同時に駆け込んで、ブレーキパッドとローターに付いたオイルをとってもらう。それにしてもその取り方が豪快。友達のトーマスがやってくれたのだが、まず床にパッドとローターを置く。その上からアルコールをドバドバ。で、ライターで着火。まるでフランべしているかの様(笑)なかなかかっこいいトリックだなあと関心。これでバイクは完璧!がしかし、言い忘れていることがあった。この日は前日からの雨が続いているのだ。昨日まではこれでもかというドライだったのに残念!でも、もちろん走ってきましたよ。まず1本目はCrank It Upからウォームアップ。久しぶりではないのに、久しぶりに走る感がある。雨は降り続いていたものの、そこまで滑るわけではないので、走れるっちゃあ走れる。ただ、泥と水滴と曇りで視界がさえぎられるのが辛かった!これも雨のDHの要素として覚えておこうと思う。良い機会となった。まだまだこれじゃあ身体が温まらないぜ、との要望(?)でDirt Merchant, Crank It Upを立て続けに走り、最後は名物A-Line。スピードが乗せるに乗せられず、バックサイドまで飛びきることは出来なかった。これは晴れた日の課題にしよう。雨という中、全身泥まみれになって、それでも笑顔でいたトモノリさんに感服!下手くそガイドというか、ガイドらしいことも出来なくてすみませんでした!ここで、初めて「ガイド」の難しさに気づいた。まず、自分が前を走っていて、相手のスピードに合わせることが出来ない。気づいたら相手を離してしまったり、近づかれすぎたりと、距離を適度に保つのが難しいのだ。いやはや、ガイドがこんなに難しいとは。良い勉強をさせてもらった感じだ。

4本を走り、一度シャワータイムとして帰宅、その後、お昼ご飯をサブウェイで済ましてクロマグへトモノリさんと向かった。なんでも、工業系の会社で働かれているとのことで、やれ旋盤を使って何々を作っただの、話が合う。おまけに二人の自転車を始めた時期がこれまた同じで、あの時はあぁだったよなぁ、などと、バスの中で話が弾んだ。クロマグに着いてからも、出来る限りの説明をして、建物内を見学。溶接されて間もないフレームを眺めて、二人であーだこーだ言ったりと、ここでも盛り上がる。その後はディナーまで時間があるとのことで、ヴィレッジ内の自転車屋をブラブラ。3大バイクショップのSummit, Evolution, Fanatyk.co+αを見学してきた。つたないガイドではあったが、楽しんでいただけたら光栄である。

さて、明日はクロマグで朝から仕事。レース用に頼んだタイヤと、新しい後ろ用リムが届く予定。ちなみに頼んだリムはMavic EX729で、今使っているEX721は数えただけで10個も凹みがあり、ゆがんで振れ取りだけでは修正不可能な状態。まだ組んでから1ヶ月と、短命なリムだったな。今度のリムはそれより8mm太く、100g重くなるが、タイヤが前後で600g軽くなるので、ホイール全体でプラスマイナス500g軽くなる。あとはタイヤの性能次第といったところ。レース当日も雨はほぼ確実だ。う~ん、いつ試走しようか…。

2 件のコメント:

  1. こんにちは、トモノリです。 ウィスラーでは大変お世話になりました。 
    家のPCが不調でコメントが書けず返事が遅くなってしまいすみませんでした。 そうした事態なのでネットカフェから失礼いたします。
       
    MTBライダーにとって憧れのウィスラーときて、前々からすっかり舞い上がっていた私でしたが、初日に実際コースで走ってみると、あまりのコースバリエーションの多さに正直、何処を走れば良いのだろう? 自分のスキルに合うコースは?
    等と整理付かない感じで、結局同じコースばかり走っていたのが正直な所でした。
    そんなヘッポコライダーにワッキーさんがガイドしてくださるとの連絡が知人から入り、非常に心強く思いましたが明日の予報は雨・・・、DHの雨は初なので自分に走れるだろうか?という不安は拭い切れなかったのです。
    当日、ウェットの路面の中ワッキーさんにガイドをしてもらいながら数本を走りきる事が出来、コース説明等のアドバイスや追走しながらのライン取りの確認等、沢山の良い経験を得る事が出来ました。Aライン等予備知識無いまま一人で走っていたらとんでもない事になっていたと思います(笑)
    また、私より若いのにしっかりした対応や行動に関心させられっぱなしでした。
    雨もあって一日フルには走れませんでしたが、かなり満足したライドが出来たと感じます。本当にありがとうございました!

    また、午後からのクロマグ訪問も、急なお願いにも関わらず皆さん明るく受け入れてくださって大変感謝しています。
    バイク好き、ましてや「ものずくり」を仕事とする自分にはバイク工房はかなり刺激的な経験でしたよ! 
    大量生産が普通になってきている世の中、逆に地元を大切にした目の届くものずくりの考え方、大切だと思います。
    MTB昔話もかなり盛り上がりましたね!

    乱雑な文章で大変申し訳ございませんが、また機会がありましたらまだまだへっぽこライダーですが是非一緒にライドしましょう。 
    また、この機会を作って下さった辻さんにも宜しくお伝え下さい。 本当にありがとうございました。     

    返信削除
  2. ご丁寧なコメントありがとうございます。
    天候に見舞われませんでしたが、それもアウトドアスポーツの一つということで納得いただけたら、と思います。

    是非、日本に帰ったら一緒に走りましょう!

    返信削除