2009/07/11

2日目終了

朝からRodeo Circusツアーにアシスタントとして参加、ウィスラー山とブラッコム山を結ぶ、長くて高~いゴンドラに乗ることになる。しかし、行く途中のゴンドラですでに一杯一杯で、結局お留守番をすることに。いつかは乗りたいなぁ。

さて、The four jacksレースは今日で2日目。今日のコースはバイクパーク頂上からのDH。1本目はRodeo Circusのお客さんと一緒に案内を兼ねて下見。相変わらずコンディション悪し。2本目はウィスラーで1,2を争う女性レーサー、ファニちゃんと下見。彼女のペースに合わせて下ると25分。思いっきりXCバイクだから、すごい。試走後、受付を済まし、頂上でその瞬間を待つ。誰のおかげか、スタートの順位がかなり早くなり、ラッキー。が、僕の後ろはDHの早いレーサー。

いざ、人生ほぼ初DHレースのスタート!スタートダッシュは決まるも、最初のコーナーでつまづく。そこからはペースを取り戻すが、最初のトレイルですでに息と腕は上がっている。レースということもあって、そうとうな興奮状態に陥ってしまったのだろう。何度も下見したラインも、本番ではバイクの進む方向に任せる以外何も出来ない。ミスが目立ってきたなぁと思った瞬間には、山の斜面を転がっていた。急いで這い上がるも、さらに焦ってしまう羽目に。その後は焦りつつも、目立ったミス無く走れ、調子を取り戻してきた。しかし背後にライダーの気配を感じ、また焦る。次の瞬間にはロックフェースの上を転がっていた。このときにフロントシフターのクランプを折り、サドルのレールを曲げてしまう。ブレーキレバーは明後日のほうを向いたが、なんとか曲げなおしに成功。あ~あ、なんて思いながらもあきらめるわけにはいかないので、フラットなセクションで猛ダッシュ。しかしクラッシュ時に抜き去っていったライダーにはどんどん離されていく。もう自分がどれだけ息と腕が上がっていたかなんて忘れた頃にようやくゴール。タイムは15分後半の22位。クロマグ社長のイアンは僕の約15秒前だったので、2回の転倒さえなければ勝てていたと思う。とりあえず、ここにリザルトを載せます。面白いのが、僕より下りのタイムが早くても、細いタイヤにXCポジションという人がたくさんいるということ。やっぱり、ライダーのレベルが相当高いということがわかった。

このレースを通して、たくさん学ぶことが出来た。って、明日も明後日もレースはまだ残っている。壊れたシフターは何とか直せた。サドルは交換したが、交換したサドルも壊れ気味。まぁ、明日は無理せずのんびり行くとしよう。

写真はレースに出ているということもあって、ほとんど撮っていないので、こちらのサイトからチェックしてください。

総合成績:35位

0 件のコメント:

コメントを投稿