2009/06/08

インプレ

さて、たまにはどこどこへ行っただの、何をしただのという話は置いといて、自転車の話でもしてみようと思う。僕の乗っているバイクは以前にも書いたとおり、Chromag Gypsyだ。それもかなり初期のモデル(シリアルナンバー:70)で、ごっついガセットやチェーンステイヨークが付いている。その後に軽量バージョンも出たみたいだけど、こっちのほうがどこか垢抜けてない感じがして、愛着がわく。フレームのみで3kgは超えるだろう。しかし今やもう出回ってすらいなく、そのなかでも初期のモデルというなんとも希少なフレームを手にすることができて光栄だ。

題名をインプレなんて書いたけど、はっきりいってスチールフレームのしなりがどうだとかなんて一切わからない。なんとなく挙動がまったりしている気がするけど、それは重いせいだと思う。ただ言えるのは、乗っていてとても楽しい時間が過ごせるということ。それともう一つは、大きいジャンプやドロップはまだ挑戦していないが、文字通りどこでも走れるということだ。どんな激しいセクションでも、今のところ全部クリアできている。まぁ、これもフレームが何であれ言えることだろうから、そんなに重要なことではない。一番重要なのはライドを楽しめるかどうかだと思う。僕の答えはもちろん、「Yes」だ。

では今度はパーツについて。まずはフォーク。今使っているのはクロマグ社長のイアンから借りているRockshoxのLyrik Solo air 160mmだ。トラベル調整機構は付いていない。エア圧だけ適正値にして、あとは放置。リバウンドやコンプレッションの調整すらしていない。ちゃんとトラベル全部を使い切れているのでそれでとりあえずOK。頼んでいるLyrik 2step-airが来たらちょっとはまじめに調整してみようと思う。
次はハンドル周り。バーはクロマグのFubars OSX 30"(760mm)をカットせずにそのまま使っている。たまに木と木の間でつっかえるが、そういうときはスピードを落とせば走り抜けられる。広すぎるのかもしれないが、特に気にはならない。ブレーキレバーはシマノの09Saint。4ポッドになって良く効くということだが、確かに良く効く。コントロールもしやすく、レバー位置およびレバーストローク調整機構は優れていると思う。ただ、他のブレーキ(Avid Code)も借りたバイクについていたが、効きは同じだったような気がする。前が8インチならどのブレーキでもあまり違いはなさそうである。ただ、Saintの良い所は、長期間使っていてもレバーがグラグラしないこと。HayesのStrokerもレバーはしっかり取り付けられていると思うが、Avidは使い込むとちぎれるんじゃないかと思うくらいぐらついてしまう。これは好きになれない。Straitlineやtwenty6のレバーと交換したら、この安っぽいぐらつきはなくなるのかな?さて、シフターも同じくSaint。フロントディレイラーにSLX、リアにSaintを取り付けたが、気持ちよく動いてくれる。フロントシフターはダブルリング専用らしく、トリプル専用のように「どこかで帳尻合わせ」しなくてよいのが助かる。リアも正確かつ迅速に動いていると思う。

次は足回り。クランクはシマノのSLXを使っている。バッシュガード無しでいけるんじゃないかと甘い考えを持っていたが、ライド中にがんがんぶつけ、その効果をフルに使わせてもらっている。チェーンガイドはE.13のDRS。音も静かでチェーンづまり・落としは今のところ皆無。クランクの硬さどうこうなんて一切わからないのでペダルの話に移る。ペダルはバンクーバーで作られている、DarkcyclesのArachnidペダル。他のペダルとはまったく違う個性的な見た目に惚れ込んでしまった。しかもペアで444gと軽い。グリップもファイブテンの靴と合わせることで抜群だ。周りからはすね食いペダルと呼ばれているが、まだすねに穴を開けていないのでなんとも言えない(この前怪我をしたのはTruvativのHussefeltペダルで)。問題点は、左のペダルが若干ぐらつくことだ。これもDarkcyclesに問い合わせてリペアキットを無償で送ってもらっているところだ(だいぶ時間かかってるけど…)。平地のラフなセクションではたまに足がはじかれるが、これはフラットペダルならどれも一緒のはず。なので全て問題なし。

次はサドル。サドルとお尻の相性は人それぞれだから、人気あるからとか高けりゃいい、なんてのは通用しない。使っているのはクロマグのTrailmasterというサドル。DTという補強されたモデルもあるが、見た目で普通の方を選んだ。クロマグのサドルは日本に限らずここウィスラーでもみんな使っている、超人気サドルなのだ。そんなサドルが自分に合うのか最初は不安だったけど、実際使ってみると、今までで一番フィットしているサドルであることがわかった。中にあんこがたっぷり入っていて、トラクションをかけるためにサドル前方に座ることの多いパワークライムセクションでも座り心地はいい。これはたまたまなのか、ちゃんと計算されているのかは定かではないが、フィットしているのでこれもOK。

最後はタイヤ・ホイールで、まずはタイヤから。使っているのは前後ともMaxxis Ardent 2.6だ。DHでさえ2.5が標準なのにさらにそれより太いものを使っている。これは単に太いタイヤが見た目的に好きだから、という理由。あとはハードテールなのでクッション性の高いものが欲しかったことくらいだ。ちなみに同Maxxix Minion 2.5より軽い。こっちのトレイルで走るなら最低2.35は欲しいが、一昨日のフライデーライドに来ていたタイラー(DHプロライダー)も2.35を履いてパンクしていた。僕は1.95~2.1のごく標準的なXC用チューブを使っていて、リム打ちも数度やったが今のところパンクはしていない。肝心のグリップも、高いと思う。使用空気圧は1.8か9気圧前後。Kenda Nevegal 2.5はケブラービードで900g前後と軽いので、ちょっと気になっている。
ホイールに移ろう。ホイールはMavic EX721にHope Pro2ハブ、DTの#2.0スポークとブラスニップルという組み合わせだ。リムはDH用であるが570g程度と軽いので、クロマグ軍団御用達のリムなのだ。が、(恐らくだが)一昨日のフライデーライドでのドロップからのフラットランディングで、後ろのリムに大きな凹みができてしまった。友達のDHライダー(Roamに出ている)も同じリムを使っているが、見たら3,4個の大きな凹みがあった。これは軽さをとったためだが、仕方ないだろう。EX729という幅広リムも良さそうだが、重いのが難点(プラス100g)。リムは消耗品と考えたほうが良さそうである。

いろいろと述べてきた。スペックから言えばDHやFRバイクに当てはまるだろう。だが実際には2時間近いジープロードクライムやXCレースに参戦していて、バイクパークはまだ1回しか走っていない。160mmフォークのせいでヘッドアングルが寝ていて、30インチのバーで、おまけに2.6インチのタイヤの付いた総重量15kgのハードテールバイクで、だ。XCレースで1,2位を争うためのバイクではないが、これでも十分走れるのだ。言いたいのはバイクのスペックはあまり重要ではないということ。走っていて楽しめるかどうか、だとこのバイクを組んで実感した。

質問があれば、気楽にコメント欄に書いてくださいね!

0 件のコメント:

コメントを投稿