2009/06/25

今日も雨

最近、下りがちょっとは上達したなと感じてる。ただ、握力はまだまだで、6本も下るとハンドルを握るので精一杯、むしろ指を広げる(パーにする)ことすらできないくなるほど。あくまでハードテールでどこまでうまくなれるかが自分にとって重要だから仕方ない。昨日はダブルブラックダイアモンドのクラウンシューズというトレイルにあるドロップ(3m)に挑戦しようとしたが、周りに誰もいなかった(調子に乗れるのと怪我したときに助けてもらえる)ので、断念。何かに挑戦するときはイメージが大事となるが、このときのイメージはノーズダイブ→撃沈。もうちょいドロップの場数踏んでからにしよう。バイクパークの一番上まで行こうかと考えたが、他のライダー達の格好からして上は相当泥んこらしい。しかも寒いに決まってる。頂上に行くのはもう少し先にしようと思う。そろそろバイクパークの写真でも撮らないとな。昨日はでっかい熊を何頭か見たし、セクションも紹介したいので。お楽しみにぃ~

さてさて、今日はクロマグにバイクを直しに行きました。ホイールの振れ取りと泥除けの取り付け、そして各部のちょっとしたオーバーホール。振れ取りはなんとなくOK。完全には取れていない、というのもリム自体が完全にひん曲がってるのでテンションさえかけなおせればいいかなと。泥除けは最近流行の古チューブをフォークのクラウンに付けて顔にかかる泥を無くすアレ。日本でよく見かけたけど、こっちでも確実に増えている。チューブをいい感じに切り出せたので、後はくっつけるだけ。さて、最後のオーバーホールだが、リアディレイラーを分解したらバネが飛び出し、元に戻せなくなり自己嫌悪。やらなきゃ良かった…。あ~でもない、こ~でもないと繰り返していると、イアン登場。最初は苦戦していたけれど、ちゃんと構造を見抜いて作業完了!後から見れば「なんだそんなことか」と思えることを彼は最初から見抜くことが出来る。こういう人が本当のエンジニアなんだなといつも感じさせられる。僕もエンジニアの卵として、より広い見方で物事を見れるように心がけたい。

こんなことをしていて結局最初のファットウエンズデーというバイクパークで行われるDHレースを逃す。このレースはほぼ毎週水曜日に行われ、言ってみればトゥーニーレースのDH版。次回こそは出れるようにしたい。

レースといえばここでも紹介してもらったとおり、7月の初めに「The Four Jacks」というレースに参加することになった。全4ステージの順位の合計が一番小さい人が優勝になる。初日のトゥーニーレースから始まり、2日目はバイクパーク頂上からのDHレース、3日目は全長35kmのロングXCレース、最終日はほぼフラットで8kmという超ショートコースでのタイムトライアルというMTBの要素てんこ盛りなレースなのだ。しかも条件があり、使えるバイクは全ステージで1台のみ、同じくタイヤ・チューブも1セットのみ。予めバイクの総重量を記録しておくという気の入り様。120人の出場枠もあっという間に埋まり、友達ほとんどがこのレースに参戦する。初めての試みだが、大勢が楽しみにしている。このレースに向けて、今日タイヤを注文してきた。Kenda Nevegal 2.5のケブラービード。900gととても軽く、マキシスよりも固めのコンパウンドで形状も平らなのでトラクション性能も良さそう。問題はタイヤサイドが薄く、リム打ちがより頻繁に起こりうるということ。これは仕方ないな。バイクパークで走りこんで、また今度インプレします。

今日はこの辺で。

3 件のコメント:

  1. ウィスラーの近くに住んでいる者です。
    Ridephotoのクロマグの記事のコメントを拝見しました。
    井本はじめくんは、今ウィスラーに滞在していますよ。
    辻さんが連絡先を知っているのではないでしょうか。
    彼は若いけどとてもおもしろいやつです。

    返信削除
  2. さっき、貼り忘れました。
    http://hajimeimoto.blog115.fc2.com/

    今年は日本人ライダーが全然いないと
    言っていたので、また誘ってあげてください。
    ちなみにボクはスノーボーダーです。

    返信削除
  3. わざわざありがとうございます。
    辻さんからも話は聞いてます。会うのも時間の問題ですね。

    返信削除