2009/05/01

トゥーニーレース開幕! The opening day of Toonie race

今日はトゥーニーレースの開幕日。トゥーニーとは2カナダドル硬貨の愛称である。B.C.州にはいくつかのマウンテンバイク協会があり、バンクーバーはNSMB、スコーミッシュはSORCA、ここウィスラーはWORCAといった具合。トゥーニーレースはウィスラーWORCA主催のレースであり、地元企業をスポンサーとすることで参加費がたったの2ドルなのだ。WORCAに入会するには別途40ドルが必要で、この値段には保険も含まれている。開幕戦はロストレークと呼ばれる、アッパーヴィレッジ付近の森林公園のようなところで行われた。ここは冬場はスキーのクロスカントリーコースとなる。ちなみに住んでる家からは徒歩10分。集合時間は夕方5時半。少し早めに着いてWORCAに入会手続きを済ませる。まだバイクは無いのでボランティアとして参加。少し待っていると、来るわ来るわ。平日の夕方にもかかわらず、100人近くが集まった。この規模のレースが9月終わりまで毎週木曜にウィスラーのどこかで行われるなんて、想像しがたい。このロストレークのコースだが、場所によっては雪がまだ残っている。周回ではなく、1週して終わりである。

コース監督のトニーと知り合い、ボランティアだと伝える。僕の役目は、スタート直後の二股に分かれる道でのレーサー達の案内だ。スタートの合図とともに、ライダーの波が押し寄せてきた。すぐに上りセクションとなるが、老若男女とわずぐいぐい上っていく。全員を見送ったところで、坂を上りきったところにあるゴールで皆を待つことに。3,40分ほど待ってトップがゴール。数秒後に来た2位の選手はまだあどけなさの残るジュニアクラスの選手。たぶん高校生だろう。クロスカントリーのレースではあるが、6位前後でゴールしたある選手のバイクはチェーンデバイスの付いたフロントシングルの4xバイク。サドル高さもポストを目一杯出してはいるが、それでも座って漕ぐには低すぎる高さだ。う~ん、恐ろしい。ゴールを切っていく選手達のバイクを見ていると、Giantのトランスやレイン、Specializedのスタンプジャンパー、RockyMountainのETSXやエレメントなどの4,5インチの高性能なフルサスバイクが圧倒的に多かった。もちろんクロマグ社長のイアンのようにハードテールで出ている選手もいた。そしてお約束の6インチ以上のフリーライドバイクもそこらじゅうに。そういえばヘルメットも被らず、シングルスピードのジャンプバイクででていた女の子もいたなぁ…。このようにローカルレースだからこそ、年齢、性別、バイクの種類にかかわらず楽しめるのだと思う。中には本気で出ている選手もいるが、あまりガツガツしてはいなく、かといってグダグダでも無く非常に組織立っているという、なんともお手本にしたいレース体系がここウィスラーにはあるのだった。次はいつというまでもなく、来週の木曜日です。これから毎週。まだバイクが組みあがっていく、出られるにはもう少し時間がかかりそうなので、しばらくはボランティアとして役に立てたらなと思う。
あさって土曜日はバイクスワップという、自転車専門のガレージセールのようなものが行われるので、見に行くつもりだ。

I went to see the mountain biking race called "Toonie race". Toonie means a 2 dollar coin in Canada. There are some mountain biking association here in British Columbia state such as NSMB in Vancouver, SORCA in Squamish and WORCA in Whistler. Toonie race is held by WORCA and supons0red by local companies. This makes the entry fee only 2bucks. To join WORCA, you need to pay 40dollars and this includes insurance. The opening race was held in a forest park called Lost Lake. It has many cross country skiing course in the winter. It's only 10min walk from where I live. I arrived at the meeting place at 5:30PM, a bit early, so I signed up WORCA and tell the staff that I came here as a volunteer then she introduced Tony, the course supervisor, to me. In the mean time, the riders came one after another. There were total about 100 riders on the first day of Toonie race this year. Toonie race will be held every Thursday till the end of September somewhere in Whistler.

My job was giving the riders a direction. I was standing at my position and here they came! It's a climb section soon after the start, the riders came at their full speed. The course was for only one lap, so after seeing all the riders off, I moved to the goal with Tony. After 30-40min, the top rider finished. The rest of the riders came one after another. The rider who got the 2nd place seemed to be a highschool student. He's still pretty fast. Most of the riders went with 4-5 inch full suspension bikes such as Giant, Rocky Mountain and Specialized. Of course there were also some hardtailers such as Chromag, serious freeriding bikes and single speed bikes. This race doesn't matter the age and the sex. Everyone can enjoy literary. Some take this serious, but otheres, the most of the people, take it easy, yet still it's very well organized. I'm sure I could learn a lot through these races.
Since I don't have my own bike yet, I'll join it as a volunteer for a while. The next time is well yes, next Thursday. There'll be an event held by also WORCA on Saturday and it's a bikeswap. It's like a garage sale for only bicycle stuff and I'll go see it.


参加者達。これでも半分
Only the half of the racers shown here

どれだけ大勢かおわかりいただけるだろう
Now you see there was a lot of riders

スタート直後の先頭集団
The top group right after the start

まだまだ来る
More riders are coming

6インチフォークそのまんまなんてのもアリ
Straight 6inch fork and so what?

女子1位の選手と話すイアン(一番右)
Ian, my boss, talking to a female top racer


休憩するバイク達
Bikes taking a break after the race

0 件のコメント:

コメントを投稿